メインメニューを開く

差分

未就学児向けの売れ筋は『プリキュアシリーズ』が寡占している状況にあるためか、そのグッズを購買しなくなりがちな年代に当たる小学校低学年・中学年向けでの競争が著しく、近年は[[タカラトミー]]がメインスポンサーを務める『きらりん☆レボリューション』、『プリティーシリーズ』などの成功を受けてアイドル系の作品が多くなっている。またバンダイがメインスポンサーを務めるアニメにおいても2012年秋以降は小学生低学年や中学年の女児を対象とした作品は『アイカツ!シリーズ』<ref>[http://bandai.hs.llnwd.net/e1/corp/press/1000001212.pdf バンダイ - 『データカードダス アイカツ!』2012年10月より稼働(PDF)]</ref>が主力となり、以前からある『プリキュアシリーズ』や2015年以降に登場した『[[ここたまシリーズ]]』は未就学児をメインターゲットにすることで、また『プリキュアシリーズ』と『ここたまシリーズ』ではジャンルを完全に分けることで住み分けが図られている<ref group="注">前者は人間キャラクター中心の[[魔法少女アニメ|変身ヒロイン]]、後者は小動物キャラクター中心のファンタジーコメディと全く性質が異なる。</ref>。
 
== 乳幼児・幼児・幼稚園0 - 8歳児向けの特徴 ==
幼児向けアニメとも言われている。乳幼児(0 - 2歳児)向けと、幼児(2 - 4歳児)向けと、幼稚園児(4 - 6歳児)向けと、小学校低学年(6 - 8歳児)向けでは様相が変わっているが、ほとんどが登場人物の普通の暮らしが描かれているストーリーが多いのが共通の特徴である。
 
匿名利用者