「楯状火山」の版間の差分

→‎主な楯状火山: 重複表現削除
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎主な楯状火山: 重複表現削除)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
多量の玄武岩質溶岩の噴出によって形成されることから、[[ハワイ諸島]]や[[アイスランド]]など[[ホットスポット_(地学)|ホットスポット]]や[[海嶺]]上に主に分布する。[[ハワイ諸島]]の火山はほとんどが楯状火山であり、世界最大のものは[[ハワイ島]]にある[[マウナ・ロア山]]である。[[レユニオン島]]の[[ピトン・ドゥ・ラ・フルネーズ]]は地球上で最も活発な楯状火山の1つで、平均して年一度のペースで噴火している。
 
一般的に楯状火山は[[火山#火山の分類|複成火山]]であり、長期間に及ぶ活動で形成される。特殊な例として、アイスランドの{{仮リンク|スキャルドブレイズゥル|en|Skjaldbreiður}}は1度の噴火でできた直径10km<ref name="早川"/>,比高550m<ref name="早川"/>,体積16km<sup>3</sup><ref name="早川"/>の,9500年前<ref>出典: [http://volcano.si.edu/volcano.cfm?vn=371070 Prestahnukur] - Smithsonian Institution: Global Volcanism Program、2016年11月閲覧</ref>の一回の噴火でできた[[火山#単成火山|単成火山]]の楯状火山である<ref name="早川">出典: [http://www.hayakawayukio.jp/volcanology/c4.html 火山のかたち] -群馬大学教育学部 早川由紀夫、2016年11月閲覧</ref>。
 
== 脚注 ==
匿名利用者