「類 (アクセント)」の版間の差分

→‎三拍名詞: 京都型は京阪式と間違えたため、修正した
(→‎三拍名詞: 京都の2類のアクセントを改正した。また「小豆」を「こまめ」から「あずき」に変えた。)
(→‎三拍名詞: 京都型は京阪式と間違えたため、修正した)
|-
! 第2類 !! 小豆・娘
|'''あ'''きを '''む'''めを ||あ'''ずき'''を む'''すめ'''を
|-
! 第3類 !! 二十歳・さざえ
|-
! 第4類 !! 明日・光
|'''あ'''たを '''ひ'''りを || あ'''した'''を ひ'''かり'''を
|-
! 第5類 !! 命・枕
 
;「小豆」類(第2類)
:院政期京都で高高低、現代京都で低(低)、東京で低高高(低)、ただし京阪式アクセントの大部分の地域で高高低(低)
:*小豆・女・毛抜き・二重・{{高線|二つ}}・{{高線|二人}}・三つ・娘・六つ・八つ・四つなど
 
 
;「頭」類(第4類)
:院政期京都で低低低、現代京都で低(低)、東京で低高高(低)、ただし京阪式アクセントの大部分の地域で高高低(低)
:*明日・あたま・<u>うずら</u>・<u>団扇</u>・扇・男・<u>思い</u>・表・鏡・かしら・刀・<u>昨日</u>・言葉・暦・<u>境</u>・硯・宝・俵・鼓・袴・はさみ・光・響き・袋・仏など
 
92

回編集