「FLAC」の版間の差分

ファイル形式についてはオープンフォーマットの方が適切なので修正
(ファイル形式についてはオープンフォーマットの方が適切なので修正)
| url = {{url|https://xiph.org/flac/format.html|format}}
}}
'''FLAC'''(フラック、{{lang|en|Free Lossless Audio Codec}})は[[オープンフォマット]]の[[フリーソフトウェア可逆圧縮]]として開発配布されている[[音声ファイルフォーマット]]である。
 
== 概要 ==
[[可逆圧縮]]であるため、元の音声データからの音質の[[劣化]]が無い。[[2015年]]現在、[[Ogg|Oggプロジェクト]]の可逆圧縮[[コーデック]]として採用されている。通常のFLACファイル (.flac/.fla) だけでなく、[[Ogg]]ファイル (.oga/.ogg) や[[Matroska]]ファイル (.mkv/.mka) などの[[コンテナフォーマット|メディアコンテナ]]に格納することもできる。
 
一部の変換ソフトには、無圧縮形式に変換可能なFLAC Uncompressedというオプションが用意されている。
[[ビット深度 (音響機器)|量子化ビット数]]は'''4bit - 32bit'''<ref>[[浮動小数点]]ストリームはサポートしていない。浮動小数点ストリームに関しては、[https://xiph.org/flac/faq.html#general__samples_fp 将来的な対応の予定もないことが明言]されている。また、32bitに対応したエンコーダも現在存在しない。</ref>、[[サンプリング周波数]]は'''1Hz - 655.3kHz (655,350Hz)'''、チャンネル数は'''1ch - 8ch'''<ref>ただし、[[サラウンド]]などのマルチチャネル・マッピング方式への対応は限定的で、2.1ch/3.1chなどはサポートされていない(仕様上は将来的な拡張が可能)。<!--対応していないマルチチャネル・マッピング方式に対しては、[https://xiph.org/flac/faq.html#general__channels チャンネル毎に個別のファイルにエンコードし、各種メディアコンテナで多重化することを推奨]している。--></ref>をサポートしている<ref>[https://xiph.org/flac/format.html#metadata_block_streaminfo FLAC - format]</ref>。
 
[[リファレンス実装]]は[[オープンソース]]として開発されており、[[ライセンス]]に関しては以前は[[GNU General Public License|GPL]]が適用されていたが、Oggプロジェクトに加わった際にコアライブラリは修正版[[BSDライセンス]]へ変更された。
 
== 特徴 ==
* データ構造がエラーに強い<ref>各フレーム毎に[[巡回冗長検査|CRC]]と[[MD5]]の参照値が記述されており、正当性を確認することが可能。</ref>
** 前後のフレームに依存しないストリーマブルな構造であり、壊れた不完全なファイルでも実際に破損している箇所以外はデコードすることができる。
* オープンフォマットの可逆圧縮音声フォーマットとして広く使われており、商用でも採用される例が増えている
** 一例として、アメリカの名門オーケストラ・[[フィラデルフィア管弦楽団]]は自らの楽団の演奏音源を[http://www.thephiladelphiaorchestra.com/ オンラインストア]で販売しているが、FLACのファイルも購入が可能になっている。
** メタルバンドである[[メタリカ]]が自らのライヴ演奏音源を販売している[http://www.livemetallica.com/ オンラインストア]も、FLACのファイルの購入が可能になっている。