「放射性同位体」の版間の差分

m
編集の要約なし
(関連項目の整理など。と言うか、わざわざポロニウムの同位体を関連項目に挙げる意味はないでしょう。これを挙げていたらキリがなくなる。また、放置されているタグの除去。)
m
'''放射性同位体'''(ほうしゃせいどういたい、{{lang-en-short|radioisotope}}、RI)とは、ある[[元素]]が持つ[[同位体]]のうち、原子核が不安定であるために、[[放射性崩壊|原子核が崩壊]]して何らかの[[放射線]]を放出する同位体のことを言う。したがって、全ての放射性同位体は[[放射能]]を持っている<ref>ある元素の同位体で、その核種の不安定性から[[放射線]]を放出して[[放射性崩壊]]を起こす能力([[放射能]])を持つ元素を言う。より正確には、[[安定同位体]]の存在する元素の放射性核種の事のみを言い、同位体が全て放射能をもつ場合放射性同位元素などというのだが、実質上同義語として用いられている[[#理化学辞典|理化学辞典]]項目「放射性同位体」より</ref>。なお、'''ラジオアイソトープ'''([[英語]]:radioisotope、またはradioactive isotope)や'''放射性核種'''(ほうしゃせいかくしゅ、[[英語]]:radionuclide)、'''放射性同位元素'''とも呼ばれる<ref>意味としては正しくないが、放射線治療や核医学の現場では'''アイソトープ'''とも呼ばれることがある。</ref>。
 
== 解説 ==