「ホロ島」の版間の差分

地図画像をInfobox内に
編集の要約なし
(地図画像をInfobox内に)
{{Infobox islands
| name = ホロ島
| image_name = [[250px]]Ph locator sulu jolo island.png
| image_caption = ホロ島(JOLO)
| native_name = Sūg / Lupah Sug
| native_name_link =
| ethnic_groups = {{unbulleted list | [[:en:Banguingui]] | [[:en:Bajau]] | [[:en:Tausūg people|Suluk]]/[[:en:Tausug people|Tausug]] }}
}}
[[File:Ph locator sulu jolo island.png|thumb|280px|ホロ島]]
 
'''ホロ島'''({{Lang-tsg|Sūg}}, {{Lang-en-short|Jolo、Joló}})は、[[フィリピン]]の南東部に位置する[[火山]]性の島である。多くの火口があり、特に[[1897年]]に大噴火を起こした噴石丘(スコリア丘)・ダホ山(Bud Dajo、[[標高]]685m)が知られる。[[ボルネオ島]]と[[ミンダナオ島]]の間に連なる[[スールー諸島]]の中央にあり、面積は861平方km、300,000人ほどが住む。