「ライラとマジュヌーン」の版間の差分

編集の要約なし
[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の作曲家[[アラン・ホヴァネス]]の交響曲第24番『マジュヌーン』は、この物語を題材としている。また、「[[デレク・アンド・ザ・ドミノス]]」時代の[[エリック・クラプトン]]が発表した「[[いとしのレイラ]]」はこの作品から着想したものと言われている。
 
*日本語訳書は -『ライラとマジュヌーン アラブの恋物語』([[岡田恵美子]]訳、[[平凡社東洋文庫]]、1981年がある。
 
{{DEFAULTSORT:らいらとましゆぬうん}}