「上原城」の版間の差分

→‎概要: 修正
(→‎概要: 内容追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎概要: 修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
築城年代は定かではないが、[[室町時代]]の[[文正]]元年([[1466年]])頃、[[諏訪信満]]が中腹に居館を建て、5代70余年にわたり諏訪地方を統治したと考えられている。『[[守矢頼真|守矢頼実]]書留』によれば、上原町には堀廻りが存在し、信濃国衆の小規模[[城下町]]である「宿城」([[町宿]])であったと考えられている。上原城下町には[[諏訪大社]]上社とその別当寺である神宮寺の[[門前町]]を包括していた、諏訪の政治経済の中心地であった。<ref>上原城のそばには当時[[鎌倉五山]]にならって上原五山と呼ばれた五ヶ寺があった。永明寺(焼失)、極楽寺(唯一現在も存在している)・金剛寺(廃寺)・法明寺・光明寺(この二ヶ寺はのちに合併して放光寺となり上諏訪に移る)</ref>
 
[[天文 (日本)|天文]]11年([[1542年]])には、[[甲斐国]]の[[武田信玄|武田晴信]](信玄)が[[高遠頼継]]とともに領主・[[諏訪頼重 (戦国時代)|諏訪頼重]]を滅ぼし、諏訪郡は[[武田氏]]の領国となる。