「此岸礼讃」の版間の差分

m
(→‎収録曲: "楽曲の題名はかつての楽曲を想起させる"との記述に関連すると思われる個所の表現を、「リンク先の盤にも同一曲があるのか」等と誤解させかねない別アルバム記事への直リンクから変更しました)
 
== 解説 ==
前年初の[[ライブ・アルバム]]『[[疾風怒濤〜人間椅子ライブ!ライブ!!]]』を挟んで、約1年9か月ぶりに発表された作品。前作同様に和嶋の作詞が13曲中12曲とほとんどを占め、「[[未来浪漫派|深淵]]」を上回る最長ランニングタイムの「春の匂いは涅槃の薫り」(9分45秒)が収録されているが、音楽性は[[ナカジマノブ]]加入以降の特徴である王道のハードロック、ロックンロールへの回帰志向がより突きつめられ、楽曲自体はいつになくシンプルな構成をとっている。また楽曲の題名はかつての先行楽曲を想起させるフレーズが用いられており、ある種記念的な意味合いをこめた作品であるとも言える。
 
== 収録曲 ==
67

回編集