「マレーシアの国旗」の版間の差分

第14本線は政府直属区を表している。Kuala Lumpurだけではなく。Putra JayaとLabuanも含めている。
(マレーシアは13州だけ、13州+Kuala Lumpur = 14本赤白線。)
(第14本線は政府直属区を表している。Kuala Lumpurだけではなく。Putra JayaとLabuanも含めている。)
 
== 概要 ==
左上のカントン部の図柄は[[イスラム教]]の象徴である[[月]]と[[星型多角形|星]]を、赤と白の線はマレーシアにある13の州と、首都の[[クアラルンプール]]を含めたマレーシア政府直属区を表している。
 
現在のデザインに近い旗は、元々[[マラヤ連邦]]の旗として募集されたもので、1950年5月19日に制定された。現在の旗は、1963年9月16日にシンガポール、北ボルネオ、イギリス領サラワクがマラヤ連邦へ合邦し、マレーシアが成立したのに伴い、州の数に合わせて、赤・白の横縞の数および星の光の数を3つ増やし、14にしている。[[1965年]]に[[シンガポール]]が分離独立したが、デザインは変更されず、1974年にクアラルンプールが連邦直轄地域になるに伴い、13州+クアラルンプールを表すようになった。
3

回編集