「ジェイク・アリエータ」の版間の差分

編集の要約なし
(写真追加)
タグ: 改良版モバイル編集
 
=== プロ入りとオリオールズ時代 ===
[[File:Jake_Arrieta_(7866362060).jpg|thumb|280px214x214px|ボルチモア・オリオールズ時代<br>(2012年8月26日)]]
{{by|2007年}}に[[2007年のMLBドラフト|MLBドラフト]]5巡目(全体159位)で[[ボルチモア・オリオールズ]]から指名され、プロ入り<ref>[http://web.minorleaguebaseball.com/milb/stats/stats.jsp?n=Jake%20Arrieta&pos=P&sid=milb&t=p_pbp&pid=453562 Jake Arrieta Stats, Bio, Photos, Highlights | MiLB.com Stats | The Official Site of Minor League Baseball]</ref>。同年はまだプロデビューせず、オフのアリゾナ秋季リーグに参加して、14試合に登板。16イニングで[[防御率]]0.00という成績を残した<ref>[http://www.thebaseballcube.com/players/A/jacob-arrieta.shtml Jacob Arrieta Pitching Statistics - The Baseball Cube]</ref>。
 
 
=== カブス時代 ===
[[File:Jake_Arrieta_(35140279673).jpg|thumb|280px264x264px|シカゴ・カブス時代<br>(2017年7月15日)]]
{{by|2013年}}7月2日に[[スコット・フェルドマン]]、[[スティーブ・クレベンジャー]]との2対2の[[トレード#メジャーリーグ|トレード]]で、[[ペドロ・ストロップ]]と共に[[シカゴ・カブス]]へ移籍した。
 
=== フィリーズ時代 ===
{{by|2018年}}3月12日、[[フィラデルフィア・フィリーズ]]と3年7500万ドル(2018年3000万ドル、2019年2500万ドル、2020年2000万ドル)で契約を結んだ。アリエータは2019年オフにオプトアウトの権利を有するが、フィリーズ側は2022年まで契約を延長(2021年、2022年共に2000万ドル、先発数およびサイ・ヤング賞の得票順位により最大3000万ドル)することでオプトアウトを阻止することが出来る<ref>{{Cite web|url=https://www.mlb.com/phillies/news/phillies-sign-cy-young-winner-jake-arrieta/c-268457880 |title=Phillies sign Arrieta to multiyear deal|publisher=MLB.com|author=Todd Zolecki|date=2018年3月12日|accessdate=2018年3月13日}}</ref>。迎えた同年シーズンは31試合に先発したが、10勝11敗・防御率3.96・WHIP1.29に終わった。
 
{{by|2019年}}はオフシーズン中の1月に左膝の手術を受けた。8月14日に右ひじの骨棘を除去する手術を受け、今季中の復帰は絶望的になると発表された<ref>{{Cite web|title=フィリーズ右腕アリエッタ、右ひじ手術で今季絶望的|url=https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201908150000120.html|website=nikkansports.com|accessdate=2019-08-20|language=|publisher=}}</ref>。成績は24先発・8勝8敗・防御率4.64に留まった。
 
== 投球スタイル ==
458

回編集