「ひよ子」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 沿革 ==
*[[1897年]]([[明治]]30年)- 初代・石坂直吉が福岡県飯塚市本町に菓子舗「吉野堂」を創業。
*[[1912年]]([[大正]]元年)- 二代目・石坂茂が「名菓ひよ子」を創生。
*[[1949年]]([[昭和]]24年)- 飯塚市に「吉野堂製菓株式会社」を設立。社長に三代目・石坂博和が社長に就任。
*[[1956年]](昭和31年)- 福岡市に「株式会社吉野堂」を設立。
*[[1957年]](昭和32年)
**「ひよ子サブレー」発売。
**株式会社吉野堂の西日本における製造部門が株式会社ひよ子(初代)に移管される。
*[[1987年]](昭和62年)- 福岡銘菓原料株式会社が、株式会社ひよ子(初代)・ひよ子本舗吉野堂株式会社・福岡銘菓原料株式会社・株式会社東京ひよ子(初代)合併し、商号を株式会社ひよ子(2代)となるに変更石坂博史が代表取締役社長に四代目・就任。石坂博史、和が代表取締役会長に石坂博和就任。
*[[1988年]](昭和63年)
**有限会社ストーンヒルズカンパニーを設立。
*[[2008年]](平成20年)- 株式会社ひよ子(2代)が株式会社吉野堂・翔和株式会社を合併。
*[[2009年]](平成21年)
**代表取締役社長に石坂淳子代表取締役会長に就任。石坂博史が代表取締役社長に就任。
**季ひよ子シリーズ第1弾として「桜ひよ子」「栗ひよ子」を発売。
*[[2012年]](平成24年)
匿名利用者