「松浦景子」の版間の差分

編集の要約なし
* 新喜劇に入るきっかけは、お笑い好きだった父親が亡くなった際、全てを失ったことから。<ref>{{Cite web|title=よしもと新喜劇│MBS|url=https://www.mbs.jp/shinkigeki/interview/matuura_k/|website=www.mbs.jp|accessdate=2019-03-11}}</ref>
*バレエを習ったきっかけは、「[[とんねるずの生でダラダラいかせて!!|とんねるずの生でダラダラいかせて!!」]]の人気企画、憲武バレエ団の影響から。<ref>{{Cite web|title=松浦景子 (吉本新喜劇)さんはInstagramを利用しています:「放送みてくださったかたありがとうございました。ずっと憧れだった番組コーナー。 なんせ、天国のお父さんが何よりも好きだったのが「細かすぎて」のコーナーで、第1回の放送から全部録画してて、私は23歳で23回目ラストで出ることができて嬉苦しいです。…」|url=https://www.instagram.com/p/BdAZuqfjTIP/|website=Instagram|accessdate=2019-03-11|language=ja}}</ref>後に共演。
* 新喜劇内のバレエ[[ネタ]]では、なにかのはずみで共演者に投げ飛ばされるが、バレエのごとく回転しながら、満面の笑みでポーズを決めて「怖かった!」とリアクションし、共演者に「どこがじゃ!」と突っ込まれるギャグが特に多い。マドンナ役から子役、バレリーナ警察官など幅広い役回りを得意とする
 
他、バレリーナ警察官を得意とする。
* 特技はバレエ、[[ダンス]]全般、日本舞踊、曲があればすぐ振り付けをすること。
* 入団直後は主に[[辻本茂雄]]座長の新喜劇公演を中心に出演しており、デビューわずか4ヶ月で[[ヒロイン]]役に抜擢される。(後に[[DVD]]化)
匿名利用者