「Cksum (UNIX)」の版間の差分

ちょっと追記(参照など)
(wikify)
(ちょっと追記(参照など))
 
{{en|check sum}}(検査合計)という英語に由来する名前ではあるが,実際は巡回冗長検査を算出する。
 
== 使用法 ==
オプションは取らず{{efn|一部のシステムでは{{code|--help}}などプロジェクトの共通オプションを取りうる{{sfn|GNU}}。}},対象のファイル郡を第1引数に指定する{{sfn|OG}}。
ファイルが指定されなければ[[標準出力]]を入力と見做す{{sfn|OG}}。
{{sxhl|lang=console|code=
$ cksum [ファイル...]
}}
 
== 実装 ==
 
== 脚注 ==
=== 注釈 ===
{{notelist}}
 
== 参考文献 ==
* {{cite web|url=https://www.gnu.org/software/coreutils/manual/html_node/cksum-invocation.html
|title=cksum: Print CRC checksum and byte counts
|website=GNU Coreutils
|publisher=[[Free Software Foundation]]
|accessdate=2019-08-23
|{{SfnRef|GNU}}}}
* {{cite web|url=http://pubs.opengroup.org/onlinepubs/9699919799/utilities/cksum.html
|title=cksum - write file checksums and sizes
|publisher=[[The Open Group]]
|accessdate=2019-08-23
|{{SfnRef|OG}}}}
 
== 関連項目 ==
* {{man|1|cksum|SUS}}
* {{man|1|cksum|Solaris}}
 
{{Unixコマンド}}
 
{{デフォルトソート:cksum}}