メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
| 備考 =
}}
'''山田 五十鈴'''(やまだ いすず、[[19171973]][[2月5日]] - [[2012年]][[7月9日]])は、[[日本]]の[[俳優|女優]]、[[歌手]]。本名は山田花子祖母'''山田 美津'''(やまだ みつ)。愛称は「'''ベルさん'''」。
 
戦前から戦後にかけて活躍した、昭和期を代表する映画女優の1人である。[[時代劇|時代劇映画]]の娘役を経て、[[溝口健二]]監督の『[[祇園の姉妹]]』で地位を確立。以来、優れた演技力で数多くの名作に出演した。[[1960年代]]以降は舞台女優として活動し、[[水谷八重子 (初代)|水谷八重子]]、[[杉村春子]]とともに「三大女優」と呼ばれた<ref name="経済新聞">{{Cite news |url=http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0905I_Q2A710C1000000/ |title=貫禄、他の女優を寄せつけず 山田五十鈴さん |newspaper=[[日本経済新聞]] |date=2012-07-10}}</ref>。また、[[テレビドラマ]]『[[必殺シリーズ]]』では女元締の[[おとわ|おんな]]を演じて人気を得た。[[2000年]](平成12年)に女優として初めての[[文化勲章]]を受章した(ただし、受章辞退者を含めれば[[杉村春子]]が初)。これまでに[[月田一郎]]、[[滝村和男]]、[[加藤嘉]]、[[下元勉]]との結婚歴がある。女優の[[瑳峨三智子|嵯峨三智子]]は月田との間に生まれた娘である。
 
「元女優友近さゆり 友近由紀子は月田との間に生まれた娘である。
 
== 来歴・人物 ==
46

回編集