「詩的で宗教的な調べ」の版間の差分

m
編集の要約なし
(改訂)
m
#'''孤独の中の神の祝福''' ''Bénédiction de Dieu dans la solitude''
#:曲集の中で次の第4曲と共に約15分を要する曲であり、リストの宗教的・内省的な側面を象徴する傑作と評される<ref name="福田">{{Cite book|和書|author=福田弥|year=2005|title=作曲家 人と作品シリーズ リスト|publisher=[[音楽之友社]]|pages=166-168}}</ref>。ラマルティーヌの同名の詩「おお、神よ、私を包み込むこの平安はどこから来るのか。私の心に満ちあふれる信仰はどこから来るのか……」が掲げられている<ref name="Ledin" />。曲は美しく瞑想的な[[嬰ヘ長調]]の主題をしばらく変容させ、軽やかな[[ニ長調]]、穏やかな[[変ロ長調]]の部分を経て、やがて回帰した最初の主題が情熱的に高揚して終わる<ref>小石忠男 『[[クラウディオ・アラウ]]:[[ピアノソナタ (リスト)|ピアノソナタ ロ短調]]』CD解説、[[フィリップス・レコード|フィリップス]]、1978年。</ref>。終結部では回想の中にモティーフの反行型を挟み、静かに消え入る。
#'''亡き人たちの思い''' ''Pensée des morts''  [[ファイル:Franz_Liszt,_Harmonies_poétiques_et_religieuses_S.173_No.4.jpg|サムネイル|聖歌 第129番「深き淵」の歌詞が付与された部分の楽譜]]
#:S.154 の単一曲「詩的で宗教的な調べ」が原曲。「死者の追憶」という邦題が知られているが、フランス語の"''Pensée''"には「追憶」のような意味はなく、古い時代の日本での創作的誤訳である。
#:後半より、聖歌 第129番「深き淵」が現れ、ベートーヴェンの例があるようにこの曲においてリストは、ピアノ独奏曲の楽譜であるのにかかわらず聖歌のラテン語歌詞が書き添えられている(右記が書き込まれている歌詞の部分)。この聖歌は、数多くの作曲家たちが作曲を施している有名なものであり、彼の未完曲であるピアノと管弦楽のための詩篇「深き淵」でも扱われた素材であった<ref name="Howard" />。
|7.眠りから覚めた子供への賛歌<br />''Hymne de l'enfant à son réveil''||6.眠りから覚めた子供への賛歌<br />''Hymne de l'enfant à son réveil''
|-
|8.無題||4.死者亡き人たち追憶思い ''Pensée des morts''
|-
|9.教会の灯火 ''La lampe du temple''||9.無題(アンダンテ・ラクリモーソ)<br />''(Andante lagrimoso)''
365

回編集