「エサイアス・テングネール」の版間の差分

編集の要約なし
'''エサイアス・テングネール'''({{lang-sv|Esaias Tegnér}}、1782年11月13日 - 1846年11月2日)は[[スウェーデン]]の作家・[[ギリシア語]]教授・[[監督 (キリスト教)|ビショップ]]。主にロマン主義の[[民族叙事詩]]『{{仮リンク|フリショフ物語物語|en|Frithiof's Saga}}』の評価を通じ、19世紀の間スウェーデン近代詩の父と見なされていた。「スウェーデン初の近代人」と呼ばれてきた。彼については多くの事が知られており、またテングネール本人も自分自身に関して隠し立てせずに書き残している。
 
==著作==