「チワン族」の版間の差分

m
→‎歴史: 文化大革命時代
m (→‎歴史: 文化大革命時代)
 
近代には[[1850年]]に[[太平天国の乱]]が広西の金田村で始まったため、チワン族も多数参加した。[[1929年]]から[[1932年]]にかけて[[トウ小平|{{lang|zh|鄧小平}}]]が広西で指導した右江革命根拠地にも多くが参加し、中国では革命的伝統が称えられる。日中戦争時には日本軍との戦いに参加する者もいた。
 
文化大革命時代、広西チワン族自治区(Guangxi Zhuang Autonomous Region)の武宣(Wuxuan)県で文革の粛清の犠牲者(少なくとも38人)の心臓や肝臓、性器が食べられた事件がある。AFPが確認した草案には「首切りや殴打、生き埋め、石打ち、水責め、釜ゆで、集団虐殺、内臓の抜き出し、心臓や肝臓、性器の切り取り、肉のそぎ落とし、ダイナマイトでの爆破など、あらゆる方法が使われた」とあった。<ref>{{Cite web|title=文革50年、語られぬ「人肉宴席」 中国|url=https://www.afpbb.com/articles/-/3086883|website=www.afpbb.com|accessdate=2019-08-30|language=ja}}</ref>
 
<br />
 
== 民族自治区域 ==
チワン族はまた古来より歌舞を好み、歌姫として[[劉三姐]]が著名で、[[映画]]の題材にもなっている。チワン族は民謡を歌うことで有名なのである。歌詞は美しく、[[押韻]]するように作られる。民謡の中には[[歴史]]を語る古い歌もあれば、生産技術を教える生産の歌や、および酒の歌、恋の歌もある。主に苦しい歌で、たとえば作男の歌婦人の苦しい歌などである。チワン族は踊りも得意で、悠久の歴史を持つ銅鼓の踊りは、リズムが明るく、ステップも力強い。農閑期や祝日、冠婚葬祭の時、各地で一問一答形式で歌う歌垣を行う。彼らはこの日を「歌の市」と呼んでいる。[[歌垣]]の風習やチワン語による[[歌劇]]の[[壮劇]]が伝わる。
 
[[靖西市]]と[[徳保県]]にはシン・ヤーハイと呼ばれる伝統的な[[操り人形]]劇がある<ref name="sinou">国立民族学博物館編、『深奥的中国―少数民族の暮らしと工芸』、pp60-61、2008年、東方出版、大阪、ISBN 978-4-86249-108-4</ref>。
 
=== 工芸 ===
 
=== 食文化 ===
食文化としては[[米]]食中心であるが、一年を通じて野菜がとれる環境にあり、[[ハクサイ|白菜]]、[[ウリ|瓜類]]、豆類などの野菜を多く食べる。農家は自宅で[[ブタ]]、[[ニワトリ]]、[[ガチョウ]]などを飼育して食用とし、一部には[[犬食文化]]や[[ヤギ]]の料理もあるが、草食で農耕に必要な[[スイギュウ|水牛]]や[[ウマ|馬]]は一般に食べない風習をもつ。行事食に[[糯米]]は欠かせず、旧暦3月3日の「三月三」の祭の時に客のもてなしに食べる「五色飯」(ハウナンハーサク、haeuxnaengj haj saek)は、炊く前の糯米に赤フジバカマ、黄飯花、楓葉、紫藤などの[[植物]]の汁をそれぞれ浸たして赤、黄、黒、紫に着色したもので、白飯と合わせて五色にする。春節と端午の節句には、どの家も「駝背粽」([[猫背]]の[[ちまき]]、faengx)を作る。作り方は、質のいい[[糯米]]を水に浸した後、洗った[[シュロ|棕櫚]]の一種rongdaijの葉で包む。包む時に中に[[リョクトウ]][[餡]]や[[アズキ|小豆]]餡または、味付けした[[豚肉]]を入れて両端を平たく丸め、真中を隆起させ、猫背のようにする。大きいものは1キログラムほどの大きさになり、小さいものでも500グラムはあるので、長い時間煮なければならない。祭りの時のプレゼントとして重宝される。ほかに、[[端午の節句]]の細長いちまき「羊角粽」(faengxgaeuyiengz)や草木灰の[[灰汁]]を加えて作る[[あくまき]]もある。他に特徴的なものでは、[[臼]]と[[杵]]で[[餅]](ceiz)を搗いたり、[[刺身]]に似た「魚生」を食べたり、[[ビンロウ|檳榔]]の実を噛む習慣がある。春節、三月三、重陽節の[[ハレとケ|ハレ]]の料理としては、内臓を取って[[ショウガ]]を入れた鶏を丸ごと煮る白斬鶏が一般的であり<ref name="bungai">梁庭望、『壮族文化概論』pp439-440、2000年、広西教育出版社、南寧、ISBN 7-5435-2992-0</ref>、婚礼では[[広東省]]の漢族や[[ベトナム人]]同様に小豚の丸焼きも用意される。
 
=== 習俗 ===
[[結婚]]の[[婚礼|儀礼]]は漢族のものに似るが、嫁入りの際にも親族による歌の掛け合いが行われる習慣がある。また、1980年代ごろまで、結婚しても子どもが授かるまで嫁と夫が数年間別居を続ける「不落夫家」(ふらくふか)の習慣があった<ref name="sinou-P20">国立民族学博物館編、『深奥的中国―少数民族の暮らしと工芸』、p20、2008年、東方出版、大阪、ISBN 978-4-86249-108-4</ref>。
 
== 民族性 ==
 
=== 歌節 ===
旧暦の[[3月3日]]「三月三」(サームニッサーム、Samnyied sam)は、墓参の後、多くの人々が着飾って歌を歌い上げる祭典、「'''歌節'''」(かせつ)が行なわれる祝日となる。元々、[[歌垣]]と呼ばれる男・女間で即興の歌を歌い、[[愛情]]を伝え合うという風習もあり、チワン族の居住する地域を「歌の海」と表現されることもある<REFref>{{Cite book |author=[[松岡格]] |date=2008年 |title=中国56民族手帳 |page=15ページ |publisher=マガジンハウス |isbn=978-4-8387-1887-0 }}</REFref>。チワン族の「三月三」は観光資源として注目され、民族舞踊や「歌合戦」などを披露するイベントも行われている。ただし農村部や山間部では、昔ながらの歌交換の風習が残っている。
 
=== その他 ===
9

回編集