「フォートナイト (ゲーム)」の版間の差分

m
(114.178.14.243 (会話) による ID:74090034 の版を取り消し(荒らしまたは悪戯))
タグ: 取り消し サイズの大幅な増減
| ContentsIcon = [ESRB]Violence<br />[CERO]暴力
| Download content = あり
| Device = [[ボイスチャット]]対応<br>{{small|※[[PlayStation 4|PS4]]、[[NintendoSwitch]]は専用のマイクが必要}}(モバイル版は設定からマイクのON/OFFを変えれる)
| Sale =
| etc = オンライン専用
=== 世界を救えモード ===
<!-- 一次資料 {{Cite web|url=https://www.jp.playstation.com/games/fortnite-ps4/|title=フォートナイト|publisher=ソニー・インタラクティブエンタテインメント|accessdate=2018-03-22}} -->
{{quotation|突如発生したストームによって人口の98%が消滅し、ハスク(モンスター)へと突然変異した人間が現れた世界を舞台に、生き残った人間達が世界を救う戦いを行う}}
 
Epic gamesおよびPeople Can Flyによって開発された[[タワーディフェンス]]とCo-op[[サードパーソンシューティング|TPS]]、[[サバイバルゲーム]]である。Epic Gamesのティム・スウィーニーは[[Minecraft]][[Left 4 Dead]]を合わせたようなゲームと表現している<ref name=":3">{{Cite news|title=Epic Gamesが「Fortnite」のローンチトレイラーを公開。タワーディフェンスとCo-opアクションのハイブリッド的タイトル|last=Inc.|first=Aetas|url=https://www.4gamer.net/games/144/G014484/20170711032/|accessdate=2018-12-03|language=ja}}</ref>。2019年4月現在は有料パック購入者のみプレイできる。「世界を救え」は、「バトルロイヤル」よりはるかに高スペックを必要とするため、モバイルデバイスへの移植は非常に困難としている<ref>{{Cite web|url=https://www.epicgames.com/fortnite/ja/faq/|title=Epic Games『フォートナイト』|accessdate=2018-11-08|website=Epic Games『フォートナイト』|language=ja}}</ref>。 また、Nintendo Switchにも移植予定は無い。
 
複数のプレイヤーが協力し、拠点を守ったり、生存者を救出したり、貴重なアイテムを探索したりといった、様々なミッションを楽しめる<ref>{{Cite news|title=【フォートナイト】”世界を救え”の日本語版アーリーアクセスがついに解禁! – ファミ通AppVS|url=https://appvs.famitsu.com/20180824_10528/|accessdate=2018-11-04|language=ja|work=ファミ通AppVS}}</ref>。後述のバトルロイヤルモードとの違いとしてトラップや銃火器の設計図を手に入れ生成をする必要がある<ref>{{Cite web|url=https://realsound.jp/tech/2018/09/post-243106.html|title=『フォートナイト』はバトロワだけじゃない 新モード「世界を救え」の面白さに迫る|accessdate=2018-12-03|website=Real Sound|リアルサウンド テック|language=ja-JP}}</ref>。
 
2017年7月25日にPC,PS4,Xbox oneへ有料早期アクセスタイトルとしてリリースされ、2018年に完全な無料プレイが予定されていたが延期された<ref name=":2">[https://www.gamespark.jp/article/2018/10/23/84699.html 『フォートナイト』PvEモード「世界を救え」の無料プレイローンチが延期―Epicが開発状況を報告]GameSpark 2018年10月23日</ref>。
 
早期アクセス期間中の2018年8月、日本語ローカライズに対応<ref>[https://www.inside-games.jp/article/2018/03/08/113213.html バトロワ/タワーディフェンスTPS『フォートナイト』PS4/PC向けに国内配信!公式サイトも公開に] インサイド 2018年3月8日</ref>。
無料でプレイ可能。最大100人で最後の1人または1組になるまで戦う<ref>[http://www.4gamer.net/games/144/G014484/20180306052/ 「フォートナイト バトルロイヤル」の日本語版が2018年3月8日に配信開始。100人参加のバトルロイヤルは、もちろん基本無料で楽しめる] 4Gamer.net 2018年3月6日</ref><ref name=":1" />。
このモードでもマップ内に落ちている資源を採取してそれを利用し建築が可能<ref>{{Cite web|url=https://www.famitsu.com/news/201803/09153399.html|title=『フォートナイト』バトルロイヤルとクラフト要素が魅惑の遺伝子結合! プレイインプレッションをお届け|publisher=ファミ通.com|accessdate=2018-03-22|date=2018年3月9日19時15分0秒}}</ref><ref name=":1" />。「世界を救えモード」と違い、キャラクターの外見などはステータスに影響しない<ref>{{Cite web|url=https://realsound.jp/tech/2018/09/post-243106_2.html|title=『フォートナイト』はバトロワだけじゃない 新モード「世界を救え」の面白さに迫る|accessdate=2018-12-03|website=Real Sound|リアルサウンド テック|language=ja-JP}}</ref>。無料でもプレイすることによって報酬は受け取れるがV-Bucksを使用することによってより大きな報酬が受け取れるバトルパスを利用できる<ref>{{Cite web|url=https://www.usgamer.net/articles/fortnite-battle-royale-save-the-world-v-bucks-grinding|title=Fortnite's V-Bucks Currency is Another Battleground for a Community at Odds|accessdate=March 22, 2018|last=Kim|first=Matt|date=March 1, 2018|website=[[USGamer]]|work=[[USGamer]]|archiveurl=https://web.archive.org/web/20180323031201/https://www.usgamer.net/articles/fortnite-battle-royale-save-the-world-v-bucks-grinding|archivedate=March 23, 2018}}</ref>。プレイヤー達は大きな無人島に、バトルバス(空を飛ぶバス)から放り出される。スカイダイビングで落下し、グライダーを操作し好きな地点に降りることができる。開始時点ではすべてのプレイヤーが平等でありアドバンテージはなく、最初は採集ツールしか持っていないが、マップの各地にある武器を入手すると攻撃手段が増える。また、採集ツールで建物や樹木などを壊すと、そこから資材を入手できる。資材を消費し、壁や階段を作り、それを盾がわりにしたり、足場として高所に登ったりできる。他のプレイヤーを倒すと、倒したプレイヤーが所持していたアイテムを入手できる。
また時間経過によりマップに嵐(ストーム)が迫ってくる。ストームエリアは徐々に拡大し、エリア内にいる間はダメージを受ける。マッチ後半になるにつれ、ダメージを受けず行動できる範囲が狭くなってくる。他のプレイヤーを全て倒し、最後の1人、あるいは1チームになると優勝(ビクトリーロイヤル)となる。本作がサポートしているプラットフォーム間の[[クロスプレイ (コンピュータゲーム)|クロスプレイ]]機能はシーズン5までは一部プラットフォームで制限されていたがその後制限は緩和された。ソロモードでは1人で戦うが、2人1組で戦う「デュオ」、4人1組で戦う「スクワッド」モードもある。期間限定で遊べるモードもある。(下記参照)
ソロモードでは1人で戦うが、2人1組で戦う「デュオ」、4人1組で戦う「スクワッド」モードもある。期間限定で遊べるモードもある。(下記参照)
 
一定期間ごとにシーズンが移り変わり、それに伴い以下のようにマップが変動したりする。例えばシーズン4ではマップに隕石が落ちてクレーターができたり、新しい施設ができていたりする<ref>{{Cite web|url=https://www.gamespark.jp/article/2018/05/02/80501.html|title=『フォートナイト バトルロイヤル』シーズン4の変更点はどこ?新要素とともにマップを探索してみる【特集】|accessdate=2018-12-09|website=Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト|language=ja}}</ref>。
|Season 5
|2018年7月 – 2018年9月
|タイムトラベルがテーマのシーズン。このシーズンの前の2018年6月30日に隠れ家から打ち上げられたロケットがマップ上に多次元の裂け目を作るという全試合に渡って行われた一度限りのイベントを実施した。分離したロケットエンジンが、アナーキー・エーカーに落下、後にレイジー・リンクスへ変化した(ワンタイムイベント)<ref>{{Cite web|url=https://www.theverge.com/2018/6/30/17521122/fortnite-rocket-launch-epic-games-dimensional-rift|title=Fortnite’s rocket launch created a spectacular dimensional rift in the sky|accessdate=July 14, 2018|last=Hernandez|first=Patricia|date=June 30, 2018|website=[[ザ・ヴァージ|The Verge]]|work=[[ザ・ヴァージ|The Verge]]|archiveurl=https://web.archive.org/web/20180701155454/https://www.theverge.com/2018/6/30/17521122/fortnite-rocket-launch-epic-games-dimensional-rift|archivedate=July 1, 2018}}</ref>。
裂け目は数日間にわたり広がり、一部のゲーム内オブジェクトが消失し別の時空から新たなオブジェクトが現れた<ref>{{Cite web|url=http://www.ign.com/articles/2018/07/09/fortnite-rifts-are-now-spawning-new-items-into-the-game|title=Fortnite Rifts Are Now Spawning New Items Into The Game|accessdate=July 14, 2018|last=Santangelo|first=Nick|date=July 9, 2018|website=[[IGN]]|work=[[IGN]]|archiveurl=https://web.archive.org/web/20180714222159/http://www.ign.com/articles/2018/07/09/fortnite-rifts-are-now-spawning-new-items-into-the-game|archivedate=July 14, 2018}}</ref>。マーケティングの一環としてエピックはカリフォルニア砂漠に世界中にあるゲームのルートラマの現実世界版の位置を指し示す手がかりと共にレストランの標識「Durrr-Burger」の現実世界版を設置した<ref>{{Cite web|url=https://www.cnbc.com/2018/07/12/fortnite-epic-games-microsoft-halo-arg-gaming-fans.html|title='Fortnite' Season 5 is being played in real life|accessdate=July 14, 2018|last=Geeter|first=Darren|date=July 13, 2018|website=[[CNBC]]|work=[[CNBC]]|archiveurl=https://web.archive.org/web/20180714001005/https://www.cnbc.com/2018/07/12/fortnite-epic-games-microsoft-halo-arg-gaming-fans.html|archivedate=July 14, 2018}}</ref>。これらの裂け目が原因でマップが変化した状態でシーズンが始まり、裂け目はプレイヤーを高い標高にテレポートさせマップのあらゆるところに再着陸させる<ref>{{Cite web|url=https://www.gamespot.com/articles/fortnite-season-5-out-now-with-map-changes-new-ski/1100-6460345/|title=Fortnite Season 5 Out Now With Map Changes, New Skins, And Battle Pass|accessdate=July 14, 2018|last=Hussan|first=Tamoor|date=July 14, 2018|website=[[GameSpot]]|work=[[GameSpot]]|archiveurl=https://web.archive.org/web/20180714221858/https://www.gamespot.com/articles/fortnite-season-5-out-now-with-map-changes-new-ski/1100-6460345/|archivedate=July 14, 2018}}</ref>。
|-
|style="white-space:nowrap;"|2018年9月 – 2018年12月<ref>{{Cite web|url=https://www.gamespot.com/articles/fortnite-season-6-start-date-confirmed/1100-6461955/|title=Fortnite Season 6 Start Date Confirmed|accessdate=September 21, 2018|last=Knezevik|first=Kevin|date=September 21, 2018|website=[[GameSpot]]|work=[[GameSpot]]}}</ref>
|闇と崩壊がテーマのシーズン。キーワードは「闇が広がる」シーズン4の終わり近くで別のワンタイムイベントが発生しロケット発射によりできた裂け目が閉じ、ゲーム世界には表面にグリフがついた大きな紫のキューブが残され、それはゆっくりとマップを横断していった<ref>{{Cite web|url=https://www.theverge.com/2018/8/24/17779836/fortnite-lightning-rift-purple-cube-event|title=Fortnite’s lightning rift has created a purple interdimensional cube|accessdate=August 24, 2018|last=Hernandez|first=Patricia|date=August 24, 2018|website=[[ザ・ヴァージ|The Verge]]|work=[[ザ・ヴァージ|The Verge]]}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.theverge.com/2018/8/27/17785756/fortnite-mystery-cube-obsession|title=Fortnite’s mysterious cube keeps moving, and I can’t stop following it|accessdate=August 27, 2018|last=Webster|first=Andrew|date=August 27, 2018|website=[[ザ・ヴァージ|The Verge]]|work=[[ザ・ヴァージ|The Verge]]}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.pcgamesn.com/fortnite/fornite-loot-lake-purple-cube|title=Fortnite’s cube made its last stop – now Loot Lake is purple and bouncy|accessdate=September 19, 2018|last=Bailey|first=Dustin|date=September 19, 2018|website=[[PCGamesN]]|work=[[PCGamesN]]}}</ref>。
シーズン6は闇をベースとしたものになりケビンが落ちたリーキー・レイク(当初はルート・レイク)上に新たな浮島が出現した。マップ上の他の一部の場所も汚染し、プレイヤーがそこでシャドーストーンを利用すると一時的に不可視状態になり、速く移動したり速度の向上、オブジェクト通り抜けたり他のシャドーストーン使用しているプレイヤーによる発つけることができる回避などのメリットがあるが武器使用できなったり不可、他のシャドーストーン使用している他のプレイヤーからによる視認されといっりするデメリットもある<ref>{{Cite web|url=https://www.polygon.com/fortnite/2018/9/27/17909112/fortnite-season-6-v6-0-patch-notes-guide-battle-pass-weekly-challenges-shadow-stones-pets|title=5 things to know about Fortnite Season 6|accessdate=September 27, 2018|last=Goslin|first=Austin|date=September 27, 2018|website=[[Polygon (website)|Polygon]]|work=[[Polygon (website)|Polygon]]}}</ref>。
|-
|Season 7
|2018年12月 – 2019年2月
|凍てつく冬とクリスマスがテーマのシーズン。マップの左下部分が冬景色になり、各地に資源探査基地や[[レシプロ戦闘機|レシプロ機]]飛行場、それらを取り囲むような形でそれを伝って移動できるジップラインが登場した。
マップの左下部分が主に変更され、リーキー・レイクが、ルート・レイクに戻った。
また、14日間のフォートナイトというイベントが開催され、シーズン12の武器が復活する期間限定モードや「プレゼント」などの期間限定のアイテムがた。また、シーズン後半には愛のおすそ分けというイベントも開催された。
|-
|Season 8
|海賊と財宝がテーマのシーズン。
主にウェイリング・ウッズ側の変更が多い。ウェイリング・ウッズ付近に火山ができ、近くには川が作られ、湖には海賊船が生成された。また、レガシーモードでドラムガン、タクティカルサブマシンガン等の保管庫行きになった武器が復活した。さらに、全体的に画風が変わった。
シーズン終盤のワンタイムイベントでは、火山が噴火し、噴石がマップのリテイル・ローと、ティルテッド・タワーとポーラー・ピークに直撃し、リテイル・ローと、ティルテッド・タワーがほぼ破壊され、ポーラー・ピークの北側にひびが生じた。リテイル・ローは東側が被害を受け、ティルテッド・タワーはほぼ全壊となった。また、ルート・レイクでは、投票イベントを開催し、候補には、バウンサー、グラップラー、タクティカルサブマシンガン、X-4ストームウイング(飛行機)、インフィニティブレイド、ドラムガンがあった。一番投票数が多かったのがドラムガンであり、イベントが終わった瞬間にドラムガンは保管庫から解放された。
|-
|Season 9
-2019年8月1日
|未来がテーマのシーズン。
前シーズンの終盤のワンタイムイベントの火山の噴火で被害にあったティルテッド・タワーとリテイル・ローがネオ・ティルテッドとメガ・モールとなり再建された。また、火山の中にも新しく研究施設が出来た(プレッシャー・プラント)。シーズン開始の際、複数の武器やアイテムが保管庫行きとなったが、その代わりに複数の新武器が追加された。例えば、コンバットショットガンが追加された。さらに新しい移動手段、スリップストリームが追加された。また新要素として「FORTBYTE」(フォートバイト)が実装された。
|-
|SeasonX
|2019年8月1日
-2019年10月6日(終了予定)
|時空がテーマのシーズン。
シーズン9のワンタイムイベントで、メカクマがルートレイクのオーブを取り出した後、そのオーブが日々変化していき、ワンタイムイベントから10日目にはステージ3と言われる最終形態になり、シーズンXのトレーラーでゼロポイントが爆発、その影響で過去の町が今のナイト島出現し始めた。最初に復活した町はダスティ・デポで隕石が衝突寸前で止まっていた。同じくルートレイクのゼロポイントは爆発したまま時が止まっていた。ゼロポイントのオーブに入ると裂け目のように上空に飛ぶ。8月6日のアップデートでネオ・ティルテッドからティルテッド・タウンになった。西部劇がイメージで、一部の建物にサルトゥーンの看板が貼ってある
8月6日のアップデートでネオ・ティルテッドからティルテッド・タウンになった。西部劇がイメージで、一部の建物にサルトゥーンの看板が貼ってある。
今シーズンで保管庫に行ったアイテムは移動系が多く、ナイト島のすべての間欠泉とネオ・ティルテッドとメガ・モールのスリップストリーム以外は消され、スカイプラットホームも消された。移動用の乗り物は、ドリフトボードのみになった。
|}
 
==== 期間限定モード ====
期間限定でルールの違うモードなども行っている<ref>{{Cite web|url=https://gamewith.jp/fortnite/article/show/119610|title=【フォートナイト】期間限定モード一覧【FORTNITE】|accessdate=2018-12-09|last=フォートナイト攻略班|website=GameWith|language=ja}}</ref>。例えば「ソロ頂上決戦」などがあり上位入賞すると豪華な報酬がもらえたりした<ref>{{Cite web|url=https://gamewith.jp/fortnite/article/show/114820|title=【フォートナイト】7/28開催!ソロ頂上決定戦第二弾について【FORTNITE】|accessdate=2018-12-09|last=フォートナイト攻略班|website=GameWith|language=ja}}</ref>。
 
=== クリエイティブモード ===
v7.00から追加(シーズン7)<ref>{{Cite web|url=https://www.epicgames.com/fortnite/ja/patch-notes/v7-00?lang=ja|title=パッチノートv7.00|accessdate=2018-12-09|website=Epic Games『フォートナイト』|language=ja}}</ref>。
専用のマップ()で自由に建築を行える。専用のインベントリから建築物やアイテムを取り出すことができる。フレンドやコミュニティにより選ばれた島に移動しプレイすることも可能。そして、またおすすめの島の中からクリエイターの作った島を遊ぶこと可能となる
 
== 来歴 ==
**6月13日 - Nintendo Switch版配信開始。
**8月13日 - 機種限定でAndroid向けベータ版リリース<ref name=":0" />
**12月13日 PS4,NSw用パッケージ版『フォートナイト ディープフリーズバンドル』発売<ref>[https://www.4gamer.net/games/387/G038744/20181022104/ PS4/Switch版「フォートナイト」,スキンとV-Bucksがセットになったパッケージ版「ディープフリーズバンドル」を12月13日に発売] 4Gamer.net 2018年10月23日</ref>。ただし、[[BD-ROM]]やゲームカードなどのメディアは同梱されず、本編はダウンロードによってインストールする。追加アイテム用のコードのみ同梱される。
*2019年
**4月25日 - XboxOneXbox One日本語版配信開始。
 
== 開発 ==
当初は[[Minecraft|マインクラフト]][[Left 4 Dead]]のような協力型サバイバルゲームであったが、後に[[PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS]](』(以下PUBG)」)のような爆発的な人気を博していたバトルロイヤルモードを追加することによって急速に人気を得た<ref>{{Cite web|url=http://news.denfaminicogamer.jp/news/181128b|title=『フォートナイト』の登録プレイヤー数が2億人を突破。「人口の多い国」世界6位を超える世界規模の現象に|accessdate=2018-12-09|website=電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?|language=ja}}</ref>。
 
2012年6月には中国の[[テンセント]]がEpic Gamesの株式の40%を約3億3千万ドルで買収し、発行済み株式の48.4%を保有する筆頭株主となっている<ref>{{Cite web|url=https://www.gamesindustry.biz/articles/2016-06-24-tencent-is-the-games-industrys-silent-giant|title=Tencent is the games industry's silent giant|accessdate=2018-12-09|website=GamesIndustry.biz|language=en}}</ref>。
 
マスタードによれば、エピックのチームは「PUBGのようなバトルロイヤルゲームを愛しており」フォートナイトのエンジン内に同様のモードを制作する方法を探った<ref>{{Cite web|url=http://www.pcgamer.com/fortnite-battle-royale-is-a-100-player-last-man-standing-mode-coming-this-month/|title=Fortnite Battle Royale is a 100-player last-man-standing mode, coming this month|accessdate=November 29, 2017|last=Chalk|first=Andy|date=September 12, 2017|website=[[PC Gamer]]|work=[[PC Gamer]]|archiveurl=https://web.archive.org/web/20171225033103/http://www.pcgamer.com/fortnite-battle-royale-is-a-100-player-last-man-standing-mode-coming-this-month/|archivedate=December 25, 2017}}</ref>。開発の早い時期から「プレーヤーが遊ぶのを躊躇わないように1ゲームの試合時間が長すぎないよう設定する」という点に留意しており、目安としては18-25分ぐらいを目安にしていた想定。建築要素がバトルロイヤルモードにおいてどのように機能するかは未知数であったが、プレイ動画を見たりしての鑑賞など十分に機能しており、また行動範囲縮小のため建築を高速に行えるよう調整も実施した<ref>{{Cite web|url=https://web.archive.org/web/20180314183137/https://www.gamasutra.com/view/news/315485/Qamp_A_How_Epic_pared_down_Fortnite_Battle_Royale_to_be_fast_and_approachable_.php|title=Gamasutra - Q&A;: How Epic pared down Fortnite Battle Royale to be fast and approachable|accessdate=2018-12-09|date=2018-03-14|website=web.archive.org}}</ref>。
 
フォートナイト開発に注力するためにリソースを移行し同社の「PRAGON」は正式版になることなく運営を終了した<ref>{{Cite web|url=https://www.gamespark.jp/article/2018/01/27/78079.html|title=Epic GamesのMOBAアクション『Paragon』が運営終了―返金受付も実施中|accessdate=2018-12-09|website=Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト|language=ja}}</ref>。
 
2018年6月12日にリリースされたSwitch版においてはゲーム単独でボイスチャット可能な初のゲームとなった(他のゲームは別途ボイスチャットアプリが必要になる)<ref>{{Cite web|url=https://jp.ign.com/fortnite/25924/news/switch|title=Switch版『フォートナイト』で内蔵ボイスチャット機能が利用可能に|accessdate=2018-12-09|last=Santangelo|first=Nick|date=2018-06-13|website=IGN Japan|language=ja}}</ref>。また、PS4版と同じく、オンラインサービスに加入せずにプレイ可能である。
2018年6月にサービス開始からわずか1年弱でプレイヤー1億2500万を達成<ref>{{Cite web |url=https://www.epicgames.com/fortnite/ja/news/announcing-2018-2019-fortnite-competitive-season |title=2018-2019年の『フォートナイト』対戦シーズンを発表 |date=2018-06-13 |accessdate=2019-02-07 |publisher=Epic Games}}</ref>。2018年11月には登録プレイヤー数が2億人を超えている<ref name="marshmello" />。Switch版『バトルロイヤル』が配信されたときには任天堂アメリカの[[レジナルド・フィサメィ]][[最高執行責任者|COO]]は、24時間で200万ダウンロードされたと発言している<ref>{{Cite web |url=https://www.gamespark.jp/article/2018/06/14/81614.html |title=ニンテンドースイッチ版『フォートナイト』開始24時間で200万ダウンロード!―海外報道 |date=2018-06-14 |accessdate=2019-02-07 |publisher=Game*Spark}}</ref>。
 
2018年3月には調査会社SuperDataはフォートナイトの月間売上がPUBGを超えたとの調査結果を公開した。対象期間は2018年2月でPUBGの1億300万ドル(約109億円)に対しフォートナイトが1億2600万ドル(約133億円)の売上を達成した<ref>{{Cite web |url=https://www.forbes.com/sites/davidthier/2018/03/22/report-heres-how-much-money-fortnite-battle-royale-is-making/#3749c6b770ff |title=Report: Here's How Much Money 'Fortnite Battle Royale' Is Making |date=2018-03-22 |accessdate=2019-02-07 |publisher=Forbes |language=en}}</ref>。同年4月の月間売上は2億9600万ドル(325億円)に達している<ref name="296M"/><ref name=":4">{{Cite news|title=『フォートナイト』の登録プレイヤー数が2億人を突破。「人口の多い国」世界6位を超える世界規模の現象に|url=http://news.denfaminicogamer.jp/news/181128b|accessdate=2018-12-03|language=ja-JP|work=電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?}}</ref>。
 
2018年3月にゲーム動画配信サイトTwitchでは平均視聴者数が15万人とトップである<ref>{{Cite web|url=https://dpqp.jp/entry/201803071200|title=今や『Fortnite Battle Royale』はTwitchにて最も注目されるゲーム。平均して15万人の視聴者数を誇るトップタイトルに – DPQP|accessdate=2018-12-09|website=dpqp.jp}}</ref>。
2018年7月にはIMGの仲介によりJazwaresと提携し関連製品の製作を発表している<ref>{{Cite web|url=https://mainichi.jp/articles/20180720/pls/00m/020/527000c|title=プレスリリース:JazwaresがEpic Gamesと提携して幅広いフォートナイト製品を年内発売(共同通信PRワイヤー)|accessdate=2018-12-09|website=毎日新聞|language=ja}}</ref>。
 
フォートナイトと似ている「フォーク・ナイフ」といった誤用・ネットミームを生み出しており<ref>{{Cite web|url=https://www.gamespark.jp/article/2018/05/07/80567.html|title=『フォークナイフ』という存在しないゲームが海外で注目集める―真相は『フォートナイト』の言い間違い?|accessdate=2018-12-09|website=Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト|language=ja}}</ref>、ゲーム内に資源を収集できるが操作はできないフードトラックのフォーク・ナイフを実装している<ref>{{Cite web|url=https://www.inside-games.jp/article/2018/05/17/114766.html|title=『フォートナイト』の言い間違いで話題の「フォークナイフ」がゲーム内に実装―Epic Gamesの本領発揮|accessdate=2018-12-09|website=インサイド|language=ja}}</ref>。
 
子どもたちが学校でプレイすることをやめてくれないとの苦情から、タイトル画面に「ヒルマン先生が学校で遊ぶなと言っている」と表示されたことがある<ref>{{Cite web|url=https://www.gamespark.jp/article/2018/03/31/79647.html|title=『フォートナイト』“教室では遊ばないように”注意書き追加―裏にはある教員の要望が|accessdate=2018-12-09|website=Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト|language=ja}}</ref>。イギリスの複数の大手メディアからは子供への悪影響であるとしてフォートナイトへの批判が出ている<ref>{{Cite web|url=https://www.gamespark.jp/article/2018/03/31/79647.html|title=『フォートナイト』“教室では遊ばないように”注意書き追加―裏にはある教員の要望が|accessdate=2018-12-09|website=Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト|language=ja}}</ref>が小学生向けの雑誌[[コロコロコミック]]に特集を組まれた。ゲームスキル向上のための指導者の市場も僅かではあるが存在する<ref>{{Cite web|url=https://automaton-media.com/articles/newsjp/20180801-73244/|title=我が子のために『フォートナイト』のコーチを雇う親が増えつつあるとの報道。「親の敵」扱いから一転、子供を伸ばす手段に|accessdate=2018-12-09|last=Ishii|first=Ryuki|date=2018-08-01|website=AUTOMATON}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://gigazine.net/news/20180802-fortnite-training-parents-paying/|title=「フォートナイト」のプロゲーマーを家庭教師に雇って子どもにゲームのレッスンを受けさせる親が続出している|accessdate=2018-12-09|website=GIGAZINE|language=ja}}</ref>。
 
== 大会・eスポーツ ==
 
== 漫画 ==
[[別冊コロコロコミック]]にて4コマ漫画が掲載された
<ref>{{Cite web|url=https://www.gamespark.jp/article/2018/12/17/86104.html|title=世界初!『フォートナイト』4コマ漫画が別冊コロコロコミックにて連載決定!勝見直人による痛烈ギャグが炸裂|website=Game*Spark|accessdate=2019-01-13|date=2018年12月17日11時36分}}</ref>。
 
3,396

回編集