「BTX」の版間の差分

→‎概要: 時制統一
(img)
(→‎概要: 時制統一)
さらには、熱処理問題の限界点がいよいよ見えてきた2005年になると、今度は製造プロセスの微細化や[[マルチコア]]([[デュアルコア]])などによってCPUの消費電力・発熱を抑制し、高速化を図るスタイルへとCPUの進化の方向性が変化してゆく。これによって、ATXでもCPUの熱問題がある程度まで解決されたことから、あえて互換性を犠牲にしてまでBTXを導入する必然性は無くなり、規格の存在意義自体があやふやなものになってしまった。
 
発表当初は対応製品がある程度市場に出回ったが、終息した現在では対応製品の流通はごくわずかであったと言える。[[ゲートウェイ (PCメーカー)|ゲートウェイ]]のデスクトップPC(規格に賛同していないAMD製CPUとBTXを組み合わせたものもあった)や[[デル]]のサーバ・デスクトップPCなど、一部メーカーではしばらくの間採用されていたものの、提唱元であるインテル自身が[[Intel Core 2]]の登場によって低消費電力・低発熱CPUをメインストリームとするようになり、2007年度よりBTX対応マザーボードの製造を行わないことを表明し、製造を打ち切った。
 
なお、2009年現在においてもデルのサーバ・デスクトップPCでは独自でBTX規格に似た構造の製品を、Intel製CPU製品、AMD製CPU製品問わずに製造している。独自規格であるため市販されたBTX規格準拠製品との互換性は無い。また、これらのデル製品のうち一部のモデルでは、一歩踏み込んでハードディスクの冷却までも行うようになっている。富士通のPC Serverでも同様に静音化のためにあえてATXから切り替えている。
匿名利用者