「ニコンの銀塩一眼レフカメラ製品一覧」の版間の差分

m
(→‎ニコンF3: 内容修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
| footnotes=シャッター速度とレンズ絞りの両方が連動する露出計システムを世界で初めて実現した。
}}
 
'''ニコンF'''は、ニコン初の一眼レフファインダー式カメラであり'''ニコンFマウント'''が初採用されたモデルである<ref>{{cite press release|title=ニコンFマウント誕生50周年|publisher=株式会社ニコン|date=2009-03-03|url=http://www.nikon.co.jp/news/2009/0303_f-mount_01.htm|language=日本語|accessdate=2011-01-15}}</ref>。 開発は[[1956年]]([[昭和]]31年)秋より松永梧郎ら4名の技術者チームによって開始され、設計方針として'''ニコンSP'''の部品をできる限り流用しつつ視野率100 %のファインダーを搭載した新生一眼レフカメラシステムを計画することに焦点が注がれていた<ref name="tokei20101205">{{Cite journal|和書|date=2010-12-04|title=名機Nikon F本当の設計者は他にいた!|journal=[[週刊東洋経済]]|issue=6297|pages=72-73|publisher=東洋経済新報社|location=東京|naid=40017369536|issn=0918-5755|accessdate=2010-12-05}}</ref>。ゆえに基本的には'''ニコンSP'''のボディを左右に二分割し、間にミラーボックスを挟んだ「一眼レフカメラ版ニコンSP」といった設計である。そして、ほぼ100%のファインダー視野率、ファインダー交換可能、ミラーアップ機構の搭載、自動絞りなどユーザーにとって使いやすいカメラとなった。また交換レンズ群、アタッチメントやアクセサリーなど周辺機器をシステム体系として供給し、ユーザがそれらから選択し活用することで多くの撮影場面に利用できた。意匠デザインは[[亀倉雄策]]が担当<ref name="tokei20101205" />し、[[1966年]](昭和41年)9月ニコン製品として初めて[[グッドデザイン賞]]を受賞した<ref>{{Cite web|date=1995-2010|url=http://www.g-mark.org/award/detail.html?id=26625|title=1966年度 グッドデザイン賞 受賞|work=グッドデザインファインダー |publisher=日本産業デザイン振興会|accessdate=2010-12-07}}</ref>。
 
[[ファイル:Nikon_F_IMG_1949.jpg|thumb|200px|left|ニコンFフォトミックにフィルムマガジンとドライブの構成]]
報道分野などのプロユースでも広く使われ、特に[[1964年]](昭和39年)に行なわれた[[1964年東京オリンピック|東京オリンピック]]では、多くの超望遠レンズによる迫力ある写真を提供したことによってその地位を確たるものにした。
 
* '''ニコンF'''(''Nikon F'' 、[[1959年]](昭和34年)3月発表、6月発売) - アイレベルファインダーを装備したベーシックモデル。
* '''ニコンFフォトミック'''(''Nikon F Photomic'' 、[[1962年]](昭和37年)4月発売) - 外部測光式の'''フォトミックファインダー'''を搭載したモデル。ボディー自体は'''ニコンF'''と同一。
* '''ニコンFフォトミックT'''(''Nikon F Photomic T'' 、[[1965年]](昭和40年)8月発売)- TTL平均測光の'''フォトミックTファインダー'''を搭載したモデル。ボディー自体は'''ニコンF'''と同一。
* '''ニコンFフォトミックTn'''(''Nikon F Photomic Tn'' 、[[1967年]](昭和42年)4月発売) - TTL中央部重点測光の'''フォトミックTnファインダー'''を搭載したモデル。ボディー自体は'''ニコンF'''と同一。
* '''ニコンフォトミックFTn'''(''Nikon F Photomic FTn'' 、[[1968年]](昭和43年)9月発売) - TTL中央部重点測光の'''フォトミックFTnファインダー'''を搭載したモデル。レンズ装着時に絞りリングを最小絞りから開放まで往復させるだけでレンズの開放値がファインダーに伝わり開放測光が可能になる。この絞り環の往復操作を俗に「ガチャガチャ」と呼ぶ。別売の'''フォトミックイルミネーターDL-1'''を装着すれば暗所でもファインダー内の情報を照明によって読み取ることができる。ボディー自体は'''ニコンF'''と同一。
* '''アメリカ航空宇宙局向け向け特殊モデル''' - [[アポロ15号]]に'''フォトミックFTn'''ベース、[[スカイラブ計画]]にはウエストレベルファインダー・[[モータードライブ (カメラ)|モータードライブ]]装備の[[アメリカ航空宇宙局]]向け特殊モデルが使用された。レンズには窒素を封入している。
 
フォトミックファインダー装着モデルの測光素子は寿命が尽きているものが多いものの、ボディー本体には消耗的な電子部品による寿命の制約がなくまた構造に無理がなく各部品が頑強なため、発売後50年近く経つ今でもメーカーの補修用部品在庫の範囲で修理が可能。またパーツを生産しオーバーホールする修理専門店が多くあり、このため中古品としては比較的高額で売買されている。
 
生産終了は[[1974年]](昭和49年)6月で、[[日本経済新聞]]の記事にもなった。
 
2019年([[令和]]元年)9月10日、[[国立科学博物館]]が選定する[[重要科学技術史資料]]に、2019年度の26点(うちスチルカメラ3点)の一つとして登録された(登録番号第00280号)<ref>{{Cite web |author=[[国立科学博物館]] |date=2019-09-03 |url=http://sts.kahaku.go.jp/material/ |title=重要科学技術史資料一覧 |website=重要科学技術史資料 |publisher=産業技術史資料情報センター |accessdate=2019-09-04}}</ref><ref>{{Cite web |author=国立科学博物館 |date=2019-09-10 |url=http://sts.kahaku.go.jp/material/2019pdf/no280.pdf |title=世界が認めた一眼レフカメラの完成形
|format=PDF |publisher=産業技術史資料情報センター |accessdate=2019-09-04}}</ref>。登録基準の一つである「国際的に見て日本の科学技術発展の独自性を示すもの」に該当し、タイトルは「世界が認めた一眼レフカメラの完成形」とされた。
 
==== ニコンF用ファインダー ====
==== ニコンF用モータードライブ ====
'''ニコンF'''では、モータードライブの取付けに際して本体をサービスステーションに預ける必要があった。これはカメラ内部機構の組み立て寸法が標準化されておらず、1台ごとに微調整した上での装着が求められたためである。
* '''F-36'''
* '''F-250'''
 
{{-}}