「チェンバロ」の版間の差分

m
図2
[[File:Clavecin sautereau.svg|center|thumb|200px| ジャック上部の概念図 : (1) 弦,( 2) タングの軸, (3) タング, 4() プレクトラム, (5) ダンパー]]
ジャックの上部には、タング(図2-3)という硬い木でできた小さい可動の部品が取り付けられており、タングにはプレクトラム(図2-4)が取り付けられる。タングはプレクトラムに上から力がかかる場合は動かないが、下から力がかかる場合は回転してプレクトラムをそらすように動作する。これによってプレクトラムが下から上に弦を弾くことを妨げず、上から下に戻るときは弦を弾かないようにすることができる。タングは[[イノシシ]]の毛や薄い[[真鍮]]板などで作られたバネによって保持されており、動いた後はバネの弾力により元の位置に戻る。
 
プレクトラムは通常ごく僅かに上方向に角度をつけて取り付けられ、弦の下ぎりぎりの位置に設置される。歴史的にはプレクトラムは[[ワタリガラス]] (raven) などの鳥の羽軸で作られていたが、現代では保守が容易な[[デルリン]]製のプレクトラムを用いる場合も多い。