「World Wide Web」の版間の差分

歴史の二重記載を削除
m (歴史の表現を整理)
(歴史の二重記載を削除)
==== その後 ====
[[1991年]][[8月6日]]、彼は {{lang|en|World Wide Web}} プロジェクトに関する簡単な要約<ref>http://groups.google.com/groups?selm=6487%40cernvax.cern.ch</ref>を<code>alt.hypertext</code>[[ニュースグループ]]に投稿した<ref>しばしばこの日がWWW公開の日と誤認識されている。</ref>。日本では1992年9月30日、[[高エネルギー加速器研究機構]]所属の[[森田洋平]]が[[日本最初のホームページ]]を開設した。[[1993年]][[4月30日]]、{{lang|en|CERN}} は {{lang|en|World Wide Web}} を無料で誰にでも開放することを発表した。
 
[[ハイパーテキスト]]の概念は1960年代にまで遡ることができる。[[テッド・ネルソン]]の[[ザナドゥ計画]]、[[ダグラス・エンゲルバート]]の {{lang|en|[[NLS|oN-Line System]]}} (NLS) などである。ネルソンもエンゲルバートも、[[ヴァネヴァー・ブッシュ]]の[[マイクロフィルム]]ベースの夢の装置 {{lang|en|'''[[memex]]'''}} の影響を受けたものであり、{{lang|en|memex}} は1945年の論文「{{lang|en|As We May Think}}」<ref>http://www.theatlantic.com/doc/194507/bush</ref>で描かれている。
 
バーナーズ=リーのブレイクスルーはハイパーテキストとインターネットを結合したことである。彼は著書「{{lang|en|Weaving The Web}}」の中で、このふたつの技術の結合は双方の技術コミュニティの協力によって成立することを強調しているが、誰もこの提案を取り上げることはなく、最終的に自分自身でプロジェクトを実行したのである。この過程で彼はURIと呼ばれるグローバルな資源識別子を開発した。