「チェンバロ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (→‎発音機構: 句読点、スペース)
m
鍵(1)は単純な[[梃子]]で、鍵にあけられた穴に差し込まれたバランスピン(24)を支点として動く。
 
ジャック(17)は通常硬い木で作られた薄い長方形の木片で、鍵の端に垂直方向に立てられ、上下のジャックガイド(7・22、レジスターとも)で支えられている。ジャックガイドは、スパイン(左側の長い側板)側からチーク(鍵盤右の短いまっすぐな側板部分)側まで走るギャップの中に設置される、ほぞ穴のある細長い2枚の板で、このほぞ穴の中をジャックが上下に動く。アッパー・ガイドはしばしば可動である(図4[[#レジスター]]を参照)。
イタリアのチェンバロでは、ボックス・スライドと呼ばれる厚みのある単一のジャックガイドが用いられる。
 
 
=== レジスター ===
[[File:Registre.png|thumb|図4:レジスターの原理上のジャックガイドの位置によってプレクトラムが弦に触れるか触れないかを調節する。ジャックガイドの動く幅は約2mmである。(1) 鍵の端, (2) フェルト, (3) ジャック, (4) ローワー・ガイド, (5) アッパー・ガイド, (6) 弦]]
[[File:BuffStop.JPG|thumb|right|バフ・ストップ]]
チェンバロの音量は打鍵の強弱には殆ど依存しない。しかしチェンバロは音量、音色を段階的に切り替える仕組みを備えているものが多い。音色の選択機構および音色単位そのものを、[[ストップ_(オルガン)|オルガンの用語]]と同様に、レジスター、もしくはストップと呼ぶ。