「テウドアルド」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
{{基礎情報 皇族・貴族
'''テウドアルド'''もしくは'''テオダルド''' (ドイツ語:Theudoald, <span>Theodald</span> [[706年]] - [[741年]])<ref>''Liber Historiæ Francorum'' ("''Grimoaldus…filium ex concubina Theudoaldo''"). ''Liber Historiæ Francorum'' 49, MGH SS rer Merov II, p. 324.</ref><ref>''Monumenta Epternacensia'' ("''Theodaldum, filium Grimoaldi…ex Theodesina filia regis Rabodi''"). ''Monumenta Epternacensia'', MGH SS XXIII, p. 59.</ref> は、[[フランク王国]][[宮宰]]。
| 人名 = テウドアルド
| 各国語表記 = Theudoald
| 家名・爵位 = [[フランク王国]][[宮宰]]
| 画像 =
| 画像サイズ =
| 画像説明 =
| 続柄 =
| 称号 =
| 全名 =
| 身位 =
| 敬称 =
| 出生日 = [[706年]]
| 生地 =
| 死亡日 = [[741年]]
| 没地 =
| 埋葬日 =
| 埋葬地 =
| 配偶者1 =
| 配偶者2 =
| 子女 =
| 父親 = [[グリモアルド2世]]
| 母親 = [[テウデシンダ]]
| 役職 =
| 宗教 =
| サイン =
}}
'''テウドアルド'''もしくは'''テオダルド''' (ドイツ語:Theudoald, <span>Theodald</span>, [[706年]] - [[741年]])<ref>''Liber Historiæ Francorum'' ("''Grimoaldus…filium ex concubina Theudoaldo''"). ''Liber Historiæ Francorum'' 49, MGH SS rer Merov II, p. 324.</ref><ref>''Monumenta Epternacensia'' ("''Theodaldum, filium Grimoaldi…ex Theodesina filia regis Rabodi''"). ''Monumenta Epternacensia'', MGH SS XXIII, p. 59.</ref> は、[[フランク王国]][[宮宰]]。
 
== 生涯 ==
テウドアルドは、ネウストリア宮宰[[グリモアルド2世]]と[[フリースラント]]王女[[テウデシンダ]]の息子であり、グリモアルド2世はフランク王国宮宰[[ピピン2世]]と[[プレクトルード]]の間の嫡子である。714年、グリモアルド2世が暗殺され、続けざまにピピン2世が没した時、祖母のプレクトルードは、ピピン2世の後継者として嫡孫のテウドアルドを推し、庶子の[[カール・マルテル]]を幽閉した。716年にプレクトルードがフランク王[[キルペリク2世]]に降伏してその短い天下が終わった時、テウドアルドはわずか10歳だった。既に715年、アウストラシア宮宰はカール・マルテルに、ネウストリア宮宰は[[ラガンフリド]]に奪われていた。
 
== 脚注 ==
{{reflist}}
 
{{先代次代|[[ネウストリア]][[宮宰]]|714年 - 715年|[[グリモアルド2世]]|[[ラガンフリド]]}}
{{先代次代|[[アウストラシア]][[宮宰]]|714年 - 715年|[[ピピン2世]]|[[カール・マルテル]]}}
 
{{デフォルトソート:てうとあると}}