「比叡 (戦艦)」の版間の差分

m
→‎沈没: 若干修正。失礼。
m (→‎沈没: 若干修正。失礼。)
 
第十一戦隊[[戦闘詳報]]によれば阿部司令官が第27駆逐隊司令駆逐艦(時雨)に「処分待て」を命令して雷撃処分を中止しており、魚雷発射の記録はない<ref>[[#11戦隊詳報(5)]]p.40</ref>。「西田は雪風の艦内で魚雷発射音を聞いた」との記述は[[吉田俊雄]](元軍令部参謀で、第3次ソロモン海戦には参加していない)の昭和31年の著書『海戦』による<ref>[[#吉田海戦]]p.166-168</ref>。また「雪風が魚雷2本を発射した」は同じく吉田の昭和41年の著書『軍艦十二隻の悲劇』による<ref>[[#軍艦十二隻]]p.98</ref>。<br>
雷撃処分が実行されたと言うのは吉田の仮説であり、吉田は昭和48年の著書『戦艦比叡』でも比叡沈没に際し『海戦』と同様の場面を書いたが<ref>[[#吉田比叡新装]]p.293</ref>、その後書きで比叡が雷撃処分されたと推測した理由を説明している。当時の吉田は「比叡のキングストン弁が開かれていなかった疑いがあり、仮にキングストン弁が開かれていなかったのだとしたら、比叡が沈むのに十分な海水が艦内に入らない」と考えており、戦闘概報や戦闘詳報の記録に反して比叡が雷撃処分される展開を記述したと述べている{{refnest|[[#吉田比叡新装]]p.305</ref>}}。吉田は[[丸 (雑誌)|雑誌丸]]昭和33年1月号(1957年11月発行)でも護衛駆逐艦に雷撃処分される比叡の最後を記したが、記事の冒頭で「読まれる方へ」と欄を設け、「内容について責任はすべて筆者にある」、「比叡の最後の是非について現在も重要な問題が残っており、事態を明確にするには詳細に亘らなければならないが、誌面の都合で割愛した」と断りを入れるなど、自身の記述の不確実と文責について警告している<ref>[[#雑誌丸1958年1月号]]p.182</ref>。<br>
吉田の疑念に反し、比叡砲塔長だった安田喜一郎が「自分が艦長の命令で自沈のためキングストン弁を開いた」と証言している<ref>[https://yamato-museum.com/note/vol-47%e3%80%80%e6%af%94%e5%8f%a1%e7%99%ba%e8%a6%8b/ 大和ミュージアム 館長ノートvol.47 比叡発見]</ref>。吉田は平成7年の著書『日本帝国海軍はなぜ敗れたか 戦後五十年目の総括』の中で「比叡はキングストン弁開放による自沈」と記し、「比叡のキングストン弁は開かれず、味方の魚雷によって沈められた」と言う嘗ての見解を翻した<ref>[[#日本帝国海軍はなぜ敗れたか]]p.292</ref>。
 
一方、[[豊田穣]]は、柚木発令所所長から「注水弁開けの命令が下され、作業を行った兵からも実行を確認したので、間違いない」という証言を得て、昭和52年の著書『四本の火柱』で「比叡の自沈は注水弁開放による」と記した<ref>[[#四本火柱]]p.174-175</ref>。
71

回編集