「菊池川」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎橋梁: 内容訂正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
== 地理 ==
[[阿蘇山|阿蘇]]外輪山の尾ノ岳(標高1041m)南麓に発し、上流の菊池渓谷を経て西流。[[和水町]]北部で南流へと大きく転じ、[[玉名市]]市街地南部をかすめて[[有明海]]に注ぐ。河口部では[[干拓]]が行われてきた。
 
== 語源 ==
流域の地名「[[菊池郡|菊池]]」(きくち・くくち、鞠智・久々知とも)に由来すると思われる。「菊池」「くくち」の語源については諸説がある<ref>{{Cite web|url=http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/15155/3/KumaTK-Tutumi201005r.pdf|title=「江田船山古墳」の被葬者と「鞠智城」築城の背景をさぐる|accessdate=2019/09/08|publisher=熊本大学学術リポジトリ|author=堤克彦|year=2010|month=5|pages=72-74}}</ref>。
 
* [[延久]]3年([[1070年]])に[[藤原則隆]]が下向し、生活の拠点とした深川(現[[菊池市]]深川)の[[湧水|湧水池]]「[[菊之池]]」を短縮したという説がある。
* [[中原英]]は「水がピチャピチャした湿地帯」または「[[茂賀の浦]]の水が引いた後の湿地帯」の意を語源とする。
* 『[[魏志倭人伝]]』に登場する[[邪馬台国]]の[[卑弥呼]]と対峙した[[狗奴国]]の役人「[[狗古智卑狗]]」の名前に由来する。
* 「く・こ・ち」(「く・く・ち」)の語幹に分けられる。『[[地名用語語源辞典]]』は「く・こ・ち」について、以下のように説明した。
** 「く」は「くゆ」(崩・漬)の語幹で崩壊地を示す。
** 「こ」は「[[湖]]」を示す地理地名用語で、特に「湖」は「水+胡」(巨に通じ、大きなの意)で、「大きな水」を意味する。
** 「ち」は場所を示す接尾語で、みち(道)・つち(土)・ふち(縁)などの和語の「ち」とされる。
* 「くこ・ち」(「くく・ち」)の語幹に分けられる。「くこ・ち」の「くこ」は「くご」の変形で、「くぼ」(窪)の意である、[[呉音]]では「くく」となる。この「くく」は、「低く窪んだ所・谷間」「山中の小平坦地」「山間の湿地」「何かに包まれたような地形」「山間小盆地・谷奥」などの意味がある。
 
== 流域の自治体 ==