「巨神ゴーグ」の版間の差分

(→‎旧島ゲリラ: 物語の根幹に関わる言及を要出典化)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 立体化 ==
* 放映当時、[[タカラトミー|タカラ]](当時)からプラモデルや完成品フィギュアが発売された
* 2012年6月 メガハウスから、コスモフリートコレクション グランメカニクス02(全5種 シークレット1種)の1アイテムとして、約5cmのミニフィギュアを同梱したキャリアビーグルと同梱でが発品化された。価格¥950(税抜)
 
* 2014年4月、ガレージキットメーカー「千値練」より、“千値練×T-REX”のブランドで現時点での決定版ともいえるアクションフィギュアが発売された。4万円を超える高額な商品にも関わらず、予約の段階で売り切れになるネットショップも多かった。続いて、2015年1月にはマノンタイプ(マノン・ガーディアン)が発売された
2012年6月 メガハウスから、コスモフリートコレクション グランメカニクス02(全5種 シークレット1種)の1アイテムとして、約5cmのミニフィギュアがキャリアビーグルと同梱で売品化された。価格¥950(税抜)
* 2018年7月に、[[バンダイ]]から[[ミニプラ|スーパーミニプラ]]ブランドで組み立てキットが発売された。ゴーグとマノン・ガーディアンが一般発売、ラブル・ガーディアンがプレミアムバンダイ限定。ラブル・ガーディアンは劇中登場の個体を再現するためのヘッドパーツが付属。
 
2014年4月、ガレージキットメーカー「千値練」より、“千値練×T-REX”のブランドで現時点での決定版ともいえるアクションフィギュアが発売された。4万円を超える高額な商品にも関わらず、予約の段階で売り切れになるネットショップも多かった。続いて、2015年1月にはマノンタイプ(マノン・ガーディアン)が発売された。
 
2018年7月に、[[バンダイ]]から[[ミニプラ|スーパーミニプラ]]ブランドで組み立てキットが発売された。ゴーグとマノン・ガーディアンが一般発売、ラブル・ガーディアンがプレミアムバンダイ限定。ラブル・ガーディアンは劇中登場の個体を再現するためのヘッドパーツが付属。
 
== 書誌情報 ==