「キボシサンショウウオ」の版間の差分

style
m (dx.doi -> doi)
(style)
|シノニム = <!-- 以下のシノニムはaswに従う -->
''Lacerta maculata'' Shaw, 1802
|和名 = キボシサンショウウオ<ref name="matsui1993">松井正文 「サンショウウオの仲間たち2」『動物たちの地球 両生類・爬虫類 1 アシナシイモリ・サンショウウオほか』第5巻 97号、[[朝日新聞社]]、[[1993年]]、26-27頁。</ref>
|英名 = [[:en:Spotted salamander|Spotted salamander]]<ref name="iucn" /><ref name="asw" /><ref name="stout_hammond">Nichol Stout, and George Hammond 2007. "''Ambystoma maculatum''" (On-line), Animal Diversity Web. Accessed August 18, 2018 at http://animaldiversity.org/accounts/Ambystoma_maculatum/</ref>
}}
 
'''キボシサンショウウオ'''(''Ambystoma maculatum'')は、[[両生類|両生綱]][[有尾目]][[トラフサンショウウオ科]][[トラフサンショウウオ属]]に分類される有尾類。別名'''スポットサラマンダー'''<ref name="yamazaki">山崎利貞 「スポットサラマンダー(キボシサンショウウオ)」『爬虫・両生類ビジュアルガイド イモリ・サンショウウオの仲間』、[[誠文堂新光社]]、[[2005年]]、43頁。</ref>。
{{要出典範囲|アメリカ合衆国東部とカナダで普通に見られ|date=2018年8月}}<!-- アメリカはともかくカナダでの分布は南東部(下記では南部と出典の表現に従ったが)のみと限定的 -->、[[オハイオ州]]と[[サウスカロライナ州]]では州の両生類となっている。その胚には藻類が細胞内[[共生]]しているのが発見されており<ref name="solar">{{cite web|author=Anna Petherick |url=http://www.nature.com/news/2010/100730/full/news.2010.384.html |title=A solar salamander: Nature News |publisher=Nature.com |date= |accessdate=2012-08-15 |doi=10.1038/news.2010.384}}</ref>、現在知られている唯一の[[内生生物]]の宿主である脊椎動物である。<ref name="Frazer2018">{{cite web | url= https://blogs.scientificamerican.com/artful-amoeba/algae-living-inside-salamanders-arent-happy-about-the-situation/ | title= Algae Living inside Salamanders Aren't Happy about the Situation | last= Frazer | first= J. | date= 2018-05-18 | website= [[Scientific American]] | access-date= 2018-05-21}}</ref><ref name="Burns2017">{{cite journal|last1= Burns|first1=J. A.|last2= Zhang|first2= H.|last3= Hill|first3= E.|last4= Kim|first4= E.|last5= Kerney|first5=R. |title= Transcriptome analysis illuminates the nature of the intracellular interaction in a vertebrate-algal symbiosis|journal= eLife|volume= 6|year= 2017|doi= 10.7554/eLife.22054}}</ref>。
 
== 分布 ==
[[アメリカ合衆国]]東部、[[カナダ]]南部<ref name="iucn" />
[[File:Ambystoma maculatum polymorphic egg masses.jpg|thumb|right|卵塊の多形性: 白色型(左)と透明型(右)]]
一年のほとんどを広葉樹林の落ち葉層や巣穴の中で過ごすが、温度が上昇し湿度が高くなると、突然毎年の繁殖池に移動を始める。一晩の間に数百から数千の個体が集まる。交尾は通常春の雨の日に池の中で行われる。卵は水中の植物などにうみつける<ref name="matsui1993" /><ref name="stout_hammond" />。1回に100 - 300個(平均200個)の卵を産む<ref name="stout_hammond" />。メスは通常およそ100個の卵の入った房を水中の植物にくっつけ、卵塊を形成する。
卵は4 - 7週間で孵化する<ref name="stout_hammond" /><ref name="yamazaki" />。成体が水中にとどまるのは数日で、卵はそれから1-2か月後に孵化する。卵は''[[w:Oophila amblystomatis|Oophila amblystomatis]]''という[[緑藻]]と[[共生]]関係にある<ref>{{cite journal|author=Victor H. Hutchison|author2=Carl S. Hammen|last-author-amp=yes |url=http://www.biolbull.org/cgi/content/abstract/115/3/483 |title=Oxygen Utilization in the Symbiosis of Embryos of the Salamander, ''Ambystoma maculatum'' and the Alga, ''Oophila amblystomatis'' |journal=Biological Bulletin |year=1958 |volume=115 |pages=483–489 |accessdate=2012-08-15 |doi=10.2307/1539111}}</ref>。ゼリー層は卵を乾燥から守るが、[[胚]]の発生に必要な酸素の[[拡散]] をさまたげる。''Oophila'' は[[光合成]]を行い酸素を供給する。発生中のサンショウウオは酸素を代謝し、藻類が消費する二酸化炭素を排出する。光合成藻類は体細胞およびおそらく生殖細胞の中に存在する<ref name=solar/>。卵がいつ孵化するかは水温による。主に孵化後2 - 4か月で変態し、幼体になる<ref name="stout_hammond" /><ref name="yamazaki" />。2-4か月で幼生は鰓を失い、幼体になって水から離れる。32年まで生きたことが知られている<ref>{{Cite journal | last1 = Flageole | first1 = S. | last2 = Leclair Jr | first2 = R. | doi = 10.1139/z92-108 | title = Étude démographique d'une population de salamandres (''Ambystoma maculatum'') à l'aide de la méthode squeletto-chronologique | journal = Canadian Journal of Zoology | volume = 70 | issue = 4 | pages = 740–749| year = 1992 | pmid = | pmc = }}</ref>。通常は毎年同じ池に戻るが、これらの池は季節的なものであり、通常は晩春から冬までは干上がっている。
主に孵化後2 - 4か月で変態し、幼体になる<ref name="stout_hammond" /><ref name="yamazaki" />。2-4か月で幼生は鰓を失い、幼体になって水から離れる。32年まで生きたことが知られている<ref>{{Cite journal | last1 = Flageole | first1 = S. | last2 = Leclair Jr | first2 = R. | doi = 10.1139/z92-108 | title = Étude démographique d'une population de salamandres (''Ambystoma maculatum'') à l'aide de la méthode squeletto-chronologique | journal = Canadian Journal of Zoology | volume = 70 | issue = 4 | pages = 740–749| year = 1992 | pmid = | pmc = }}</ref>。通常は毎年同じ池に戻るが、これらの池は季節的なものであり、通常は晩春から冬までは干上がっている。
[[File:Spotted Salamander (Ambystoma maculatum) Larva.jpg|thumb|幼生]]
 
 
== 脚注 ==
{{Reflist|30em}}
 
== 関連項目 ==