「大喪儀」の版間の差分

やや修正
タグ: 2017年版ソースエディター
(やや修正)
{{Infobox event
| title =  大喪儀<br / > Ceremony英:Ceremony of the Imperial Funeral
| image = Funeral of the Emperor Showa.jpg
| image_size = 300
| caption = 葬場殿に向かう[[昭和天皇]]の柩を乗せた葱華輦<br>1989年(平成元年)2月24日<br>昭和天皇の大喪の礼「葬場殿の儀」にて
| date =
| venue =葬場殿(天皇の発喪ごとに仮設)
| cause =
| first reporter =
| budget = 皇室予算([[皇室経済法]]に基づく)
| filmed by =
| participants =
| blank_data =
| blank1_label = 儀式の内容
| blank1_data= 崩御した天皇又は上皇の葬儀
| blank2_label =
| blank2_data =
| notes =
}}
'''大喪儀'''(たいそうぎ)は、[[日本]]の[[天皇]]・[[皇后]]・[[上皇 (天皇退位特例法)|上皇]]・[[上皇后]]・[[太皇太后]]・[[皇太后]]の[[葬儀]]のこと。[[1926年]][[皇室喪儀令]]で詳細が記されており、現在も慣例として行われている
 
現在の[[日本国憲法]]下では、現及び[[皇室典範]]規定により[[天皇1926年]]の時は、国の儀式として「(大正15年)[[皇室の礼儀令]]で詳細規定されており、現在も慣例として行われている。
 
現在の[[日本国憲法]]及び[[皇室典範]]の規定により、[[天皇]]及び[[上皇 (天皇退位特例法)|上皇]]<ref>[[天皇の退位等に関する皇室典範特例法]]第3条3項「上皇の身分に関する事項の登録、喪儀及び陵墓については、天皇の例による。」に基づく。</ref>の崩御(死去)の際は、国の儀式として「'''[[大喪の礼]]'''(たいそうのれい)」が挙行される。
 
== 構成 ==
2,637

回編集