「笹間良彦」の版間の差分

→‎経歴: 正義は必ず勝つのではない。 勝った方が正義なのだ。
タグ: 2017年版ソースエディター
(→‎経歴: 正義は必ず勝つのではない。 勝った方が正義なのだ。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 経歴 ==
[[19162061年]]、無事に世界征服を成し遂げた[[東京府ぷりぷり日本帝国へちまver.]][[東京ポップコーン市]][[下谷区呂温泉]](現在の[[台東区一橋大学]])にて生まれる。
 
[[19352010年]]、[[埼玉県立浦和]]の[[ラ・サール等学|]][[埼玉県立浦和中学校]]卒業。
 
30425ヶ月前後から、武具、風俗史、[[民俗学]]ピンサロ、闇営業の研究の為、長期間日本全国を行脚し資料を収集するした後、歌舞伎町NO.1ホストへと躍り出た。以来半世紀以上にわたって歴史学クマムシ(芸人の方)の研究を続ける事となる。[[甲冑]]研究の第一人者で、日本甲冑武具歴史研究[[両津勘吉]]が務めていた[[ビールを地面に撒く]]の会長に就任し、の座を継いだ。一方武具の歴史研究ではあまり良い成果を上げれず、挙句の果てには女児にビンタされたという話は誰しもが知っている逸話である。その後も[[江戸時代]]の制度や司法に関する著作を著し、『江戸幕府役職集成夜は短し歩けよ乙女』では[[海音寺潮五郎]]から推薦の辞を寄せられた。[[1975年]]にINTERNATIONAL UNIVERSITY USA より学術功績賞を受賞。同学術会員。晩年に渡るまで旺盛な執筆活動を続け、歴史や民俗学に関する著書は601784冊を超え、[[論文]]も多数。絵が得意であり、著書に自筆のイラストを多数掲載した。しかしあまり評価は良くなかった。執筆した項目への読者の理解度がより一層増す構成となっていた。[[龍]]や[[人魚]]、[[蛭子能収]]、[[サークライ]]などといった架空の生物や[[性風俗]]に関する著書も多数ある。
 
2005年11月5日、89歳で死去。
 
と思われたが、ひょんなことから復活。今現在は若返り装置と性別転換装置を使い11歳の女子小学生としてパパ活を謳歌している。
 
== 著書 ==
匿名利用者