「復本一郎」の版間の差分

編集の要約なし
'''復本 一郎'''(ふくもと いちろう、[[1943年]][[9月5日]] - )は、[[日本]]の[[国文学者]]、[[俳人]]。[[神奈川大学]][[名誉教授]]。専門は近世・近代の俳文学。俳号は'''復本鬼ヶ城'''(おにがじょう)。
 
[[愛媛県]][[宇和島市]]生まれ。[[神奈川県]][[横浜市]]で育ち、横浜市立青木小学校、[[横浜市立栗田谷中学校]]、[[神奈川県立横浜翠嵐高等学校]]を卒業。[[1966年]]、[[早稲田大学]][[文学部|第一文学部]]文学科国文学専修卒業。[[1972年]]、同大学院博士課程単位取得満期[[退学]]、[[福岡教育大学]]助手。[[1973年]]、[[講師 (教育)|講師]]、[[1974年]]、[[助教授]]。同年、『[[松尾芭蕉|芭蕉]]における「[[さび]]」の構造』で[[窪田空穂賞]](早稲田大学国文学会)受賞。[[1977年]]、[[静岡女子大学]]文学部助教授。[[1979年]]10月、[[静岡大学]][[人文学部]]助教授、[[1988年]]、教授。同年「本質論としての近世俳論の研究」で早稲田大学[[文学博士]]<ref>{{cite web|url=http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000220641-00|title=本質論としての近世俳論の研究 復本一郎|publisher=[[国立国会図書館]]|accessdate=2012-12-27}}</ref>。[[1989年]]、神奈川大学[[経営学部]]教授。[[1998年]]、実験的俳句集団「鬼の会」の機関誌「鬼」(年2回刊)を創刊。[[2003年]]、俳句分野の功績に対して第9回[[横浜文学賞]]を受賞<ref>{{cite web|url=http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/chosa/mokuroku/yokohamabungaku/yokohamabungaku.html|title=横浜生まれの文学賞 横浜文学賞|publisher=横浜市立図書館|accessdate=2012-12-27}}</ref>。[[2009年]]、神奈川大学を早期[[定年]]退職、名誉教授。2018年、第18回現代俳句大賞を受賞
 
==著書==
== 出典・脚注 ==
<references />
 
== 参考文献 ==
* {{cite journal|和書|title=著作を中心とする復本一郎先生略年譜|date=2009-03-31|accessdate=2012-12-27|publisher=神奈川大学|url=http://klibredb.lib.kanagawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/10487/7392/1/%e9%ba%92%e9%ba%9f18%e5%8f%b7-01%ef%bc%88%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%89.pdf|format=PDF|journal=麒麟|issue=18|pages=3-14}}
475

回編集