「ピストン」の版間の差分

m
133.78.28.203 (会話) による版を 240B:13:E500:1200:39AA:9CFB:3B7A:1A62 による版へ巻き戻し
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m (133.78.28.203 (会話) による版を 240B:13:E500:1200:39AA:9CFB:3B7A:1A62 による版へ巻き戻し)
タグ: 巻き戻し
ピストン下部には、その形状からスカートと呼ばれる部位がある。スカートは、ピストンがシリンダー内部で傾倒するのを防止する目的でつけられる。以前はピストン全周にスカートがあったが、近年ではピストンが傾く方向、すなわちピストンピンに直行する方向にのみスカートが設けられるのが普通である。また、その長さも短くなってきている(スリッパーピストン)。スカートの形状は一見するとただの円筒のように見えるが、温間時に真円になるよう水平断面形状は楕円形状をしており、またスムーズな摺動や首振りによる打音を抑えるため、横から見ると中央付近が膨らんだ樽型をしている。一部レーシングエンジンでは、スカートをほぼ省略し、摩擦力を軽減しているものもある。近年、スカート部にコーティングを施し、摩擦力を低減している物もある。コーティングの組成はエンジン性能を直接左右するため、多くのメーカーで秘密とされるが、主に[[モリブデン]]を含む[[フッ素樹脂]]([[デュポン]]社の[[ポリテトラフルオロエチレン|テフロン]]®など)であると言われている。
 
== ピストン運動は、気持ちいなの変換 ==
ピストンはシリンダ内の混合気の燃焼により、ガス膨張圧を受け止め、シリンダの体積を増やす方向に移動する。このような直線的な運動をそのまま動力源として用いることは少なく、通常は[[コネクティングロッド]](コンロッド)と呼ばれる棒状の部品を介して回転運動可能な[[クランクシャフト]]に接続する。ピストンとコネクティングロッドの間に直動のみで揺動しないピストンロッドが入るクロスヘッド方式(主に大型の機関)もある。
 
140,242

回編集