「チェンバロ」の版間の差分

m
プレクトラムが弾く弦の箇所(プラッキング・ポイント)は音質を決定する重要な要素であり、ナット(図1-5、手前側にあるブリッジと共に弦の振動長を決定する構造)からの距離で示される。ナットに近い位置で弦を弾くと[[倍音]]が強調され、「鼻にかかった」音色となる。一般にプラッキング・ポイントの距離は低音域に向かって漸増するが、弦の振動長(ナット-ブリッジ間距離)に対する比率は減少する。
 
ジャックの上部からダンパーとしてフェルト小片ダンパー突き出し付けられており、ジャックが持ち上がっていないときにはダンパーが弦の上に乗るようになっている。
 
[[File:Clavecin sautereau fonctionnement.svg|center|thumb|600px|図3: チェンバロのジャックの動き, (1) ジャックレール, (2) フェルト, (3) ダンパー, (4) 弦, (5) プレクトラム, (6) タング, (7) タングの軸, (8) バネ (9), ジャック, (10) タングの動き]]