「広瀬橋 (伊達市)」の版間の差分

* 全長…84.9m
** 主径間…30.0m
* 幅員…17…6.8m0(16.0)m
* 形式…3径間鋼連続鈑[[桁橋]]
* 竣工…[[1992年]]
* 施工…[[コミヤマ工業]]<ref>{{橋梁年鑑データベース|12423|accessdate=2018-07-12}}</ref><ref>{{PDFlink|[https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/life/336999_818671_misc.pdf 平成28年度橋梁点検結果]}} - 福島県土木部</ref>
 
伊達市[[梁川町]]中心市街地を流れる[[一級水系]][[阿武隈川]]水系[[広瀬川 (福島県)|広瀬川]]に架かり、[[国道349号]]を通す。南詰は梁川町本町、北詰は梁川町右城町に位置する。現在掛かる橋は[[1992年]]に竣工した鋼鈑桁橋であり、橋上は上下対向2車線で供用されており、上下線両方向に歩道が設置されている。1986年に発生した8.5水害を経機に行われた広瀬川の河川改修事業との合併施工として1991年より建設された。総工費は5億5000万円<ref>[https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/331588.pdf 福島県の橋梁 平成10年度版] - 福島県土木部</ref>。[[1994年]][[8月11日]]、周辺の拡幅整備を含む広瀬橋工区として全長440mの区間が完成供用され<ref>{{PDFlink|[http://www.fukken.net/direct/kinenshi.pdf 福島県土木行政の歩み]}} - 福島県建設技術協会</ref>、広瀬大通りの愛称がつけられている。歩道上には梁川町出身の芸術家、[[太田亮平]]作の裸婦像が設置されている。
 
== 沿革 ==