「心理言語学」の版間の差分

m
ガーデンパス文を修正しました。
編集の要約なし
m (ガーデンパス文を修正しました。)
{{出典の明記|date=2012年1月|ソートキー=学}}
{{言語学}}
'''心理言語学'''(しんりげんごがく、[[英語]]:psycholinguistics)は、[[人間]]が[[言語]]を獲得する過程について[[研究]]したり、言語の認知処理、言語の生成過程や[[方言]]の出現など、[[言語学]]の中でも特に人間の心理的過程と結びつけてを[[研究]]する[[学問]]であり、言語学と[[心理学]]の中間の[[学問]]であに位置する。
 
[[ノーム・チョムスキー]]の[[変形生成文法]]理論の展開によって大きく発展した。なお、心理学の立場からは「言語心理学」と呼ばれることがあるが、実質的な内容に大きな違いはない。
1

回編集