「ゴリアテ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
身長は6[[キュビト]]半<ref name="17章" />(約2.9メートル<ref>ただし、[[七十人訳聖書|七十人訳ギリシャ語聖書]]版では「4キュビット半(約2m)」となっている。 同書のサムエル記の部分は日本語訳が2017年現在まだないが、フラウィウス・ヨセフスの『[[ユダヤ古代誌]]』(第6巻171節に該当の記述がある)はこの版を参考にしているので、そちらの日本語訳(『ユダヤ古代誌 2』秦剛平 訳、ちくま書房、1999年、P165)で確認は可能(表記はギリシャ語の「4ペークスと1スピタメース(約6フィート8インチ)」になっている。)。 なお筆者のヨセフスは4キュビット半でも「とてつもなく巨大な男」「怪物」とゴリアテを評している(同書同節)。</ref>)、身にまとっていた銅の小札かたびら([[鎧]])は5000[[シェケル]]<ref name="17章">{{cite web| title=第一サムエル記17章| url=http://homepage3.nifty.com/IUCC/bible/o0917.html | accessdate=2010年8月27日}}</ref>(約57キログラム)、[[槍]]の鉄の刃は600シェケル<ref name="17章" />(約6.8キログラム)あったという。このため他より大型な生物の種小名や乗り物など、巨大さの象徴としてこの名が使われている。
 
[[サウル]]王治下の[[イスラエル王国]]の兵士と対峙し|彼らの神である[[ヤハウェ]]を嘲ったが、羊飼いの少年であった[[ダビデ]]が[[投石器]]から放った石を額に受けて昏倒し、自らの剣で首を刎ねられ絶命した。この故事にちなんで、弱小な者が強大な者を打ち負かす[[番狂わせ]]の[[喩え話|喩え]]を「ジャイアント・キリング」と呼ぶ。
 
== 概要 ==