「アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン」の版間の差分

m
→‎生涯: link fix
m (→‎生涯: link fix)
ボヘミアの[[ドイツ系]][[プロテスタント]]の小[[貴族]]の家に生まれるが、[[カトリック教会|カトリック]]に改宗して[[イタリア]]の[[パドヴァ大学]]に遊学した。しかし暴力事件に巻き込まれ退学、帰国後に傭兵となり、[[ハプスブルク家]]に仕え[[ハンガリー王国|ハンガリー]]で[[オスマン帝国]]と戦う一方で裕福な未亡人と結婚、この女性から受け継いだ遺産を元手に金融業及び領地の殖産興業で資産を増やし、ボヘミアで傭兵を募集して実力を蓄えていった。
 
[[1618年]]にボヘミアの[[プロテスタント]]が反乱を起こし、[[プファルツ選帝侯領|プファルツ]][[ライン宮中伯|選帝侯]][[フリードリヒ5世 (プファルツ選帝侯)|フリードリヒ5世]]をボヘミア王に選出すると、反乱政府の金庫を奪って抵抗、[[神聖ローマ皇帝]][[フェルディナント2世 (神聖ローマ皇帝)|フェルディナント2世]]に味方して反乱鎮圧に貢献、[[1620年]]に反乱鎮圧に伴うプロテスタントの領土没収及び売買に加わり土地を買い漁り、ボヘミアでも有数の大貴族にのし上がった。また、[[1620年]]から[[1623年]]にかけて軍資金不足の皇帝に資金融資及び私兵を提供、同年に北ボヘミアの[[{{仮リンク|フリートラント]]侯公|de|Herzogtum Friedland|en|Duchy of Friedland}}に任じられ、フェルディナント2世の側近[[カール・フォン・ハラハ]]の娘エリーザベトと結婚して宮廷に足掛かりを築き、[[1625年]]に自前の軍勢徴募を申し出て許可され、皇帝軍総司令官に任命された<ref>菊池、P83 - P85、ウェッジウッド、P180 - P184。</ref>。
 
そうして3万の軍を集めて北ドイツへ出兵、先に皇帝の命令で出陣していた将軍[[ティリー伯ヨハン・セルクラエス|ティリー伯]]と合流して[[デンマーク]]王[[クリスチャン4世 (デンマーク王)|クリスチャン4世]]、[[エルンスト・フォン・マンスフェルト]]、[[クリスティアン・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル]]などのプロテスタント諸侯を討伐することを決めて北上した。このうちクリスティアンは急死してマンスフェルトがヴァレンシュタインの駐屯地に現れ襲撃したが、ヴァレンシュタインは迎撃してマンスフェルト軍を撃破({{仮リンク|デッサウの戦い|de|Schlacht bei Dessau|en|Battle of Dessau Bridge}})、ティリーもクリスチャン4世に勝利([[ルッターの戦い]])してプロテスタント軍は全て掃討され、勢いに乗ってメクレンブルク、[[ユトランド半島]]に進出、クリスチャン4世は海上へ逃れた。[[1628年]]にはフェルディナント2世により[[メクレンブルク=シュヴェリーン]]公{{仮リンク|アドルフ・フリードリヒ1世 (メクレンブルク公)|de|Adolf_Friedrich_I._(Mecklenburg)|en|Adolf Frederick I, Duke of Mecklenburg|label=アドルフ・フリードリヒ1世}}と弟のメクレンブルク=ギュストロー公{{仮リンク|ヨハン・アルブレヒト2世 (メクレンブルク公)|de|Johann Albrecht II. (Mecklenburg)|en|John Albert II, Duke of Mecklenburg|label=ヨハン・アルブレヒト2世}}が廃位され、代わりに功績を認められメクレンブルク公に叙爵された。