「薄型ブラウン管」の版間の差分

m
メンテナンス作業
m (メンテナンス作業)
{{出典の明記|date=2019年9月}}
'''薄型ブラウン管'''(うすがたブラウンかん)とは奥行きの短い[[ブラウン管]]のこと。FED ([[表面伝導型電子放出素子ディスプレイ|SED]]. CNT.Spindt) の事を指すこともある。
 
'''薄型ブラウン管'''(うすがたブラウンかん)とは奥行きの短い[[ブラウン管]]のこと。FED[[電界放出ディスプレイ]] ([[表面伝導型電子放出素子ディスプレイ|SED]]. CNT.型、Spindt型など) の事を指すこと場合もある。[[テレビ]]用途を見込んで複数の方式が開発されたが、普及には至らなかった
薄型ブラウン管を称するテレビは過去に[[東芝]]、[[パナソニック]]が開発したが、[http://www.toshiba.co.jp/about/press/1997_03/pr_j0302.htm 東芝が開発した方式]は実用化には至らなかった。パナソニックが開発した製品も普通の[[ブラウン管テレビ]]と比べて値段が高いので販売が終了された。
 
== 概要 ==
[[2004年]]7月[[サムスンSDI]]が32型で奥行きを同社の従来型が60センチの所を38センチまで短くした世界最薄ブラウン管(Vixlim)を開発した。2004年に韓国内で販売し、2005年から他社へ供給する。サムスンはそのほかのサイズも薄型ブラウン管に置き換える方針だったが実現されなかった。[[LGフィリップス]]・ディスプレイも同様のブラウン管を発売する予定だったが数種類を限定的に販売するに留まった。
薄型ブラウン管を称するテレビは過去に200年以前から[[東芝]]、[[パナソニック]]によって開発されていたが、[http://www.toshiba.co.jp/about/press/1997_03/pr_j0302.htm 東芝が開発した方式]は実用化には至らなかった。パナソニックが開発した製品も普通の[[ブラウン管テレビ]]と比べて値段が高いので販売が終了された。
パナソニックが開発した製品も、普通の[[ブラウン管テレビ]]と比べて値段が高いので販売が終了された。
 
[[2004年]]7月、[[サムスンSDI]]は、32型としては当時最薄のブラウン管「Vixlim」を開発した。サムスンはそのほかのサイズも薄型ブラウン管に置き換える方針だったが、実現されなかった。
また、[[LGフィリップス]]・ディスプレイも同様のブラウン管を発売する予定だったが、数種類を限定的に販売するに留まった。
 
== 関連項目 ==
100

回編集