「クリス・カーター (1986年生の外野手)」の版間の差分

m
publisher
m (publisher)
{{by|2010年}}は主にAAA級サクラメントでプレー。打率.258ながら31本塁打を放ち、8月9日の[[シアトル・マリナーズ]]戦でメジャーデビュー。しかし、20打席無安打のまま、一旦降格した。9月の[[ロースター (MLB)#25人枠と40人枠|ロースター]]拡大に伴って再昇格した後もヒットが出ず、メジャー歴代ワースト記録にあと2つ迫るデビューから33打席無安打([[四球]]1)となっていたが、9月20日のマリナーズ戦で待望のメジャー初安打を放った<ref>{{Cite web|url=http://m.athletics.mlb.com/news/article/14893404 |title=Carter's first hit sparks A's to victory|author=Alex Espinoza|publisher=MLB.com|language=英語|date=2010年9月20日|accessdate=2015年12月7日}}</ref><ref>{{Cite web|url=http://content.usatoday.com/communities/dailypitch/post/2010/09/chris-carter-ends-near-record-hitless-streak-to-career-in-athletics-victory/1 |title=A's Chris Carter ends near-record hitless streak to start career |work=USA TODAY|publisher=Gannett Co. Inc|author=Paul White|language=英語|date=2010年9月21日|accessdate=2015年12月7日}}</ref>。9月22日のホワイトソックス戦では、[[エドウィン・ジャクソン]]からメジャー初本塁打を放った<ref>{{Cite web|url=http://espn.go.com/mlb/boxscore?gameId=300922111 |title=Chicago White Sox vs. Oakland Athletics - Box Score - September 22, 2010 |publisher=ESPN|date=2010年9月22日|accessdate=2015年12月7日}}</ref>。
 
{{by|2011年}}もAAA級サクラメントでスタートしたが、4月22日に左手首を痛め、6月4日まで[[故障者リスト]]に入った。6月23日に[[ジョシュ・ウィリンガム]]の故障者リスト入りによってメジャーへ昇格したが<ref>{{Cite web|url=http://m.athletics.mlb.com/news/article/20907162 |title=Willingham's injury opens door for Carter|author=Jane Lee|publlisherpublisher=MLB.com|language=英語|date=2011年6月23日|accessdate=2011年10月2日}}</ref>、10試合に出場しただけでマイナーへ降格となった。9月に再昇格したが、結果を残すことはできず、前年を下回る成績に終わった。
 
{{by|2012年}}はシーズン途中にメジャーに昇格し、[[ブランドン・モス]]とのツープラトン起用ながら218打数で16本塁打の成績を残した。
{{by|2013年}}2月4日に[[ジェド・ラウリー]]、[[フェルナンド・ロドリゲス]]との3対2のトレードで、[[ブラッド・ピーコック]]、[[マックス・スタッシ]]と共に[[ヒューストン・アストロズ]]へ移籍<ref>[http://espn.go.com/mlb/story/_/id/8915070/jed-lowrie-traded-oakland-five-player-deal A's acquire Jed Lowrie from Astros]</ref>。3月31日の開幕戦では、「3番・[[左翼手]]」で開幕スタメンを果たした。開幕から出場を続け、自身最多の29本塁打を放った一方で、史上4人目の200三振となる212三振を記録した。またこの数は、アメリカンリーグ歴代2位の記録となった。
 
{{by|2014年}}は、打率こそ2年連続で.220台(.227)に終わったものの、自身初の30本塁打以上となる37本塁打 (リーグ2位) を放ち、シーズン終盤まで[[ネルソン・クルーズ (外野手)|ネルソン・クルーズ]]([[ボルチモア・オリオールズ]])と本塁打王を競った。特に[[MLBオールスターゲーム|オールスター]]以降、64試合で18本塁打と量産した<ref name="pagea">[http://www.baseball-reference.com/players/gl.cgi?id=cartech02&t=b&year=2014 BASEBALL-REFERENCE.com Chris Carter 2014 Batting Gamelog] 2014年10月13日閲覧。</ref>。また三振を30個減らした。初球打ちでは打率.322・6本塁打を記録した<ref name="pageb">[http://www.baseball-reference.com/players/split.cgi?id=cartech02&year=2014&t=b BASEBALL-REFERENCE.com Chris Carter 2014 Batting Splits] 2014年10月13日閲覧。</ref>。また、得点圏では打率.270・53打点という成績をマークした<ref name="pageb" />。オフの11月7日に[[日米野球2014]]のMLB選抜に選出された事が発表された<ref>[http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20141107_4.html  MLBオールスターチーム、追加選手発表!来日全29選手が決定] 侍ジャパン公式サイト (2014年11月7日) 2015年3月26日閲覧</ref><ref>{{Cite news|url=http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20141101-1390295.html |title=シューメーカーら14人追加=日米野球 |newspaper=日刊スポーツ |date=2014年11月7日|accessdate=2014年11月8日}}</ref>。
 
{{by|2015年}}1月15日にアストロズと417万5000ドルの1年契約に合意した<ref>{{Cite press release|url=http://m.astros.mlb.com/news/article/106536280/astros-agree-to-terms-with-carter-and-corporan|title=Astros agree to terms with Carter and Corporan|publisher=MLB.com (Houston Astros)|author=|date=2015年1月15日|accessdate=2015年1月16日}}</ref><ref>{{Cite web|url=http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=mlb&id=12168975 |title=Astros agree to $4,175,000 contract with Carter|publisher=ESPN MLB|author=|date=2015年1月14日|accessdate=2015年1月15日}}</ref>。一塁手のレギュラーとして129試合に出場した。3年ぶりに規定打席に届かなかったが、24本塁打を放って通算100本塁打を達成した。12月3日にノンテンダー[[フリーエージェント (プロスポーツ)#メジャーリーグベースボール|FA]]となった<ref>{{Cite web|url=http://m.mlb.com/news/article/158713338/chris-carter-non-tendered-by-houston-astros |title=Carter sent to free agency; Conger traded|author=Brian McTaggart|publisher=MLB.com|language=英語|date=2015年12月3日|accessdate=2015年12月7日}}</ref>。
 
=== ヤンキース時代 ===
{{by|2017年}}2月7日に[[ニューヨーク・ヤンキース]]と年俸300万ドル、サイン・ボーナス50万ドル、インセンティブ最大50万ドルの1年契約で合意したと報じられ<ref>{{Cite web|url=http://www.mlbtraderumors.com/2017/02/yankees-chris-carter-agree-to-one-year-deal.html|title=Yankees, Chris Carter Agree To One-Year Deal |publisher=MLB Trade Rumors|language=英語|date=2017年2月7日|accessdate=2017年2月13日}}</ref>、16日に正式に契約した。6月24日に成績不振により[[戦力外通告#メジャーリーグにおける戦力外通告|戦力外]]となり<ref name = "aaa">{{Cite web|url=https://www.pinstripealley.com/2017/6/28/15888668/yankees-matt-holliday-disabled-list-miguel-andujar-call-up-chris-carter-re-sign-greg-bird-rehab |title=Yankees place Matt Holliday on the disabled list, call up Miguel Andujar, and re-sign Chris Carter|author=Tanya Bondurant|work=SBNation Pinstripe Alley|publisher=Vox Media, Inc.|language=英語|date=2017年6月28日|accessdate=2017年7月12日}}</ref>、6月28日に40人枠を外れ、AAA級[[スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダース]]へ降格した<ref name="aaa" />が、翌29日に再度メジャー契約を結びアクティブ・ロースター入りした。7月5日に再度DFAとなり、7月10日に[[自由契約]]となった<ref name="MLBstats" />。
 
=== ヤンキース退団後 ===
 
{{Baseball-biography-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:かあたあ くりす}}
[[Category:アメリカ合衆国の野球選手]]
68,277

回編集