「泣いて馬謖を斬る」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
{{出典の明記|date=2018年1月2日 (火) 15:09 (UTC)}}
 
'''泣いて馬謖を斬る'''(ないてばしょくをきる、{{lang-zh|揮斬馬謖}})は、[[故事|故事成語]]。「涙を揮(ふる)って馬謖を斬る」とも。
 
==成語の経緯==
出典『[[三国志 (歴史書)|三国志]]』「蜀書馬良伝」
 
[[蜀]](蜀漢)の武将[[馬謖]]が、[[街亭の戦い]]で[[諸葛亮]]の指示に背いて敗戦を招いた。この責任をとり馬謖は処刑されることになるが、愛弟子の馬謖の処刑に踏み切るにあたり諸葛亮は涙を流した。後に[[蒋エン|蒋琬]]から「馬謖ほどの有能な将を」と彼を惜しむ意見もあったが、諸葛亮は「軍律の遵守が最優先」と再び涙を流しながら答えたという。
 
==「正史」と『演義』における違い==
「正史」では「諸葛亮は彼(=馬謖)のために涙を流した」と書かれている。つまり、軍律を守る為に愛弟子を処刑することになり、彼のことを思って諸葛亮は泣いたとされている。
 
しかし『演義』では、何故泣くのかを[[蒋エン|蒋琬]]に訊かれた諸葛亮は「馬謖のために泣いたのではない」と答えている。諸葛亮は[[劉備]]に「馬謖を重く用いてはならない」という言葉を遺されていたにも拘らず、その言葉を守らなかった自分の不明を嘆き、泣いたとされている。
 
== 現代における使用 ==
匿名利用者