「ポイント」の版間の差分

(153.163.57.211 (会話) による ID:69931675 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
一方、[[TeX]]ではこの問題を、より微細なスケールド・ポイント (scaled point, sp) を 1&nbsp;sp =&nbsp;1&nbsp;/&nbsp;2<sup>16</sup>&nbsp;pt (=&nbsp;1&nbsp;/&nbsp;65,536&nbsp;pt) と定義して導入し、これを用いて複数のポイントを定義しなおすことによって解決している。TeXにおいてはポイントを 1&nbsp;pt =&nbsp;65,536&nbsp;sp =&nbsp;1&nbsp;/&nbsp;72.27&nbsp;in. (=&nbsp;25.4&nbsp;/&nbsp;72.27&nbsp;mm =&nbsp;0.351&nbsp;459&nbsp;80...&nbsp;mm) と定義してあり(TeXポイントと呼ばれる)、一方でビッグ・ポイント (big point, bp) を 1&nbsp;bp =&nbsp;65,781&nbsp;sp [=&nbsp;65,781&nbsp;×&nbsp;25.4&nbsp;/&nbsp;(2<sup>16</sup>&nbsp;×&nbsp;72.27)&nbsp;mm =&nbsp;0.352&nbsp;773&nbsp;70...&nbsp;mm] と定義している。アメリカン・ポイントにTeXポイントを、DTP ポイントにビッグ・ポイントを対応させることで、アメリカン・ポイントと DTP ポイントとを(アメリカン・ポイントに対して 0.0170% 程度の[[誤差]]のもとで)併用することができる。
 
==ポイントとほか日本独自の単位系および標準サイズ==
[[日本]]においてポイントと同様な場面で使わは、[[写真植字機]]において採用さ単位「[[級]]」(Q) というもの存在する (1&nbsp;Q =&nbsp;0.25&nbsp;mm、字送りについては単位を「歯」と読み替える)。級数制は[[国際単位系|メートル法]]をもとにしており、紙の寸法を含めて計算の利便性が良いという利点もある、[[ワープロソフト]]の普及などもり、ポイントのほうがより一般ユーザーレベルで広く使われていると言える。[[日本語]]対応している [[DTP]] ソフトは級数を扱えるものがほとんどだが、“Q” で入力すると自動的に “pt” に換算して表示するという形でのみ対応しているものもある。ちなみに日本語用 TeX([[Publishing TeX|pTeX]]) でも Q や H(歯)で文字の寸法などを指定することができる(「級」や「歯」については[[写真植字機]]の項目を参照のこと)
 
また、和文用の日本では長く五[[ワードプロセッサ]][[ワープロソフト活字]]で多くの場合10(10.5ポイントが標準である。これは[[活字]]の大きさの単位が号数であった時代、5[[号]]というサイズ相当)が'''公文書'''の本文用活字に用いられたことを反映しそれが約後年の和文用の[[ワードプロセッサ]]や[[ワープロソフト]]においても10.5ポイントに相当することから、号数制からポイント制の移行時にもひきつづきその字の大きさ用いられていたためであった。本文標準の文字サイズとして[[可読性]]が良いなどの理由から、現在でも広く用いられている。なお公文書において5号活字と同様によく使われた4号活字のサイズ旧四号が13.12575ポイント(10、新四号(JIS規格)が13.5 / 8 125ポイントの10倍)に相当する<ref>[[日本工業規格(その他)の一覧|JIS Z]] 8305-1962 (JIS Z 8305:1962)「活字の基準寸法」3.1 表1。</ref><ref>[http://dearbooks.cafe.coocan.jp/katsuji.html 和文号数活字 @ 夏貸文庫]</ref>である
 
[[明治時代]]から[[大正時代]]初期にかけて、『[[中央公論]]』など多くの雑誌組版は、主記事を五号活字、副記事を六号(旧六号・8ポイント相当)活字に分けて混植する方法を標準としていたが、大正中期には五号と六号の中間にあたる9ポイント活字に統一された。のち8ポイント活字が本文活字にも使用されるようになり、終戦直後の用紙難に伴う紙面制約の影響で戦後は8ポイント活字が標準の本文活字となった。
 
あまり知られていないことであるが、かつて1960年代まで[[活版印刷]]によって月刊[[雑誌]]や[[小冊子]]などが発行されていた時代、8ポイントや9ポイントというサイズの活字が本文用に使われていた。5号では大きすぎ、6号では小さすぎたため、その中間のサイズで読みやすいポイント活字が使われたのである。主に9ポイントが本文、8ポイントがコラムやニュースなど補助的な記事に使われていた。すなわち雑誌編集の世界では「活字のポイント」から「[[写真植字]]の級」へ移行し、再び「[[DTP]] のポイント」という単位に戻ってきたのである。
===写植のQ数と活字の比較===
{| class="wikitable"
匿名利用者