「ポイント」の版間の差分

 
==日本独自の単位系および標準サイズ==
[[日本]]においては、[[活字#近代|活字]]において採用された単位「号」および[[写真植字機]]において採用された単位「[[級]]」(Q) が存在する (1 Q 1Q= 0.25 mm25mm、字送りについては単位を「歯」と読み替える)。級数制は[[国際単位系|メートル法]]をもとにしており、紙の寸法を含めて計算の利便性良いという利点がある。[[日本語]]対応している [[DTP]] ソフトは級数を扱えるものがほとんどだが、“Q” で入力存在ると自動的に “pt” に換算して表示するという形でのみ対応しているものもある。日本語用 TeX([[Publishing TeX|pTeX]]) でも Q や H(歯)で文字の寸法などを指定することができる。
 
'''号数制'''は初号(42ポイント相当)、一号(旧一号27.5ポイント相当・新一号26.25ポイント相当)、三号(旧三号16ポイント相当・新三号15.75ポイント相当)の3種の文字サイズを基準にしたもので、印刷所では号数活字の間をポイント活字で補う形で併用した。明治期から[[1960年代]]までは旧号数が全国共通で使われていたが、[[1962年]](昭和37年)、トタン罫活字の厚みに相当する「五号の1/8」を基準にした新規格(新号数)が[[日本工業規格]]として制定され、その後も旧号数を使い続けた印刷所が多かった関東地方を除き、大半の地方で切り替えられた。
日本では長く五[[号]][[活字]](10.5ポイント相当)が'''公文書'''の本文用活字に用いられたことを反映し、後年の和文用の[[ワードプロセッサ]]や[[ワープロソフト]]においても10.5ポイントが標準の文字サイズとして用いられている。公文書において五号活字と同様によく使われた四号活字は旧四号が13.75ポイント、新四号(JIS規格)が13.125ポイント<ref>[[日本工業規格(その他)の一覧|JIS Z]] 8305-1962 (JIS Z 8305:1962)「活字の基準寸法」3.1 表1。</ref>である。
*初号 - 二号(21ポイント相当) - 五号(10.5ポイント相当) - 七号(5.25ポイント相当)
*一号 - 四号(旧四号13.75ポイント相当・新四号13.125ポイント相当)
*三号 - 六号(旧六号8ポイント相当・新六号7.875ポイント相当) - 八号(旧八号4ポイント相当・新八号3.9375ポイント相当)
 
'''級数制'''は[[国際単位系|メートル法]]をもとにしており、写植機の字送り量のステップ(0.25mm刻み)と同一である。[[日本語]]対応している[[DTP]]ソフトは級数を扱えるものがほとんどだが、級数で入力すると自動的にポイント(DTPポイント)に換算して表示するという形でのみ対応しているものもある。日本語用TeX([[Publishing TeX|pTeX]])でも級や歯で文字の寸法などを指定することができる。
[[明治時代]]から[[大正時代]]初期にかけて、『[[中央公論]]』など多くの雑誌組版は、主記事を五号活字、副記事を六号(旧六号・8ポイント相当)活字に分けて混植する方法を標準としていたが、大正中期には五号と六号の中間にあたる9ポイント活字に統一された。のち8ポイント活字が本文活字にも使用されるようになり、終戦直後の用紙難に伴う紙面制約の影響で戦後は8ポイント活字が標準の本文活字となった。
 
===写植標準Q数と活の比較サイズ===
 
{| class="wikitable"
日本では長く五[[号]][[活字]](10.5ポイント相当)が'''公文書'''の本文用活字に用いられたことを反映し、後年の和文用の[[ワードプロセッサ]]や[[ワープロソフト]]においても10.5ポイントが標準の文字サイズとして用いられている。公文書において五号活字と同様によく使われた四号活字は旧四号が13.75ポイント、新四号(JIS規格)が13.125ポイント<ref>[[日本工業規格(その他)の一覧|JIS Z]] 8305-1962 (JIS Z 8305:1962)「活字の基準寸法」3.1 表1。</ref>である。
|-
 
! Q数
[[明治時代]]から[[大正時代]]初期にかけて、『[[中央公論]]』など多くの雑誌組版は、主記事を五号活字、副記事を六号(旧六号・8ポイント相当)活字に分けて混植する組む方法を標準としていたが、大正中期には五号と六号の中間にあたる9ポイント活字に統一された。のち8ポイント活字が本文活字にも使用されるようになり、終戦直後の用紙難に伴う紙面制約の影響で戦後は8ポイント活字が標準の本文活字となった。
| 7 || 8 || 9 || 10 || 11 || 12 || 13 || 14 || 15 || 16 || 18 || 20 || 24 || 28 || 32 || 38 || 44 || 50 || 56 || 62
|-
!ポイント
| 5 || 5.5 || 6 || 7 || 7.5 || 8 || 9 || 10 || 10.5 || 11 || 12 || 14 || 16 || 18 || 22 || 26 || 31 || 34 || 38 || 42
|-
!号数
| 8 || 7 || - || - || 6 || - || - || - || 5 || - || - || 4 || 3 || - || 2 || 1 || - || - || - || 初
|}
(参考:小学館 日本百科大事典 1962年 「写真植字」山岡勤七)
 
==脚注==
匿名利用者