「配線用差込接続器」の版間の差分

編集の要約なし
{{redirect|コンセント|その他|コンセント (曖昧さ回避)}}
{{国際化|date=2017年10月|領域=日本}}
'''配線用差込接続器'''(はいせんようさしこみせつぞくき)とは、電気配線の一種であり、電気機器に電力を供給するための接続器(コネクター)である。
 
差込[[プラグ]]とプラグ受けで構成され、差込プラグをプラグ受けに抜き差しすることによって、[[配線]]とコードまたはコード相互間の電気的接続および断路を随時容易にできるようにしたものである。
 
[[国際電気標準会議|IEC]]では IEC TR 60083に規格がある。日本では電気用品の技術上の基準を定める省令別表第四の6などに規定がある。[[日本工業規格]]では JIS C 8303-2007で規格化されている<ref>{{Cite web |url=http://www.soumu.go.jp/main_content/000089041.pdf |title=前回答申からの変更点|publisher=総務省|accessdate=2019-09-27}}</ref><ref>関連規定・規格一覧
日本では JIS C 8303-1993 で規格化されている。差込プラグ、コンセント、コードコネクタボディ、マルチタップに分けられる。日本では、定格電圧100Vから300V、定格電流50A以下、2極から5極のものは、[[電気用品安全法]](電安法)適用品(&lt;PS&gt;Eマーク対象)である。
 
日本の電安法では、電気用品の技術上の基準を定める省令 別表第四の6などに規定があり、[[日本工業規格|JIS]]では、JIS C 8303などに規定がある。[[国際電気標準会議|IEC]]ではIEC 60884など<ref>規定・規格一覧
* 法令
** 電気用品の技術上の基準を定める省令 別表第四の6
** JWDS 0022 差込接続器の定格と極配置
** JWDS 0031 小型2極接地極付30A 250V極配置(IH調理器用)
日本で</ref>(前規格 1993年発行のJIS C 8303-1993 で規格化されている1993)。差込プラグ、コンセント、コードコネクタボディ、マルチタップに分けられる。日本では、定格電圧100Vから300V、定格電流50A以下、2極から5極のものは、[[電気用品安全法]](電安法)適用品(&lt;PS&gt;Eマーク対象)である。
</ref>。
<div class="toclimit-3">__TOC__</div>
 
国によって形状は異なっており、日本の一般家庭やオフィスなどに引き込まれている、単相交流100ボルト用のものでは、細長い差し込み口が2つのものが主流で、左側の差し込み口の方が少しだけ幅広になっている(左側が9ミリメートル、右側が7ミリメートル)。少し幅広の端子を[[接地]]側とするのが正しい接続法である(JIS C 8303 2極コンセント 15A 125V)。かつてはこの接続方法を誤って逆に接続したことが原因で機器に故障が生じることが多く、接地側を明らかにするため電気用品取締法([[電気用品安全法]]の前身)に、差し込み口の長さについての規定を設けて現在に至っている。「現在は機器の改良が進み、逆に接続しても位相が反転するだけなので、通常使用では意識する必要はなくなっている」という見解も見られる。またオーディオ機器等、位相が異なると、音が微妙に変化してしまうものなど、位相が機器の性能に関係する電気機器については、接地側の端子を非接地側よりも縦長にして、逆差しを物理的に防ぎ、位相が異ならないようにしている。
 
== 日本工業規格 ==
=== 種類 ===
JIS C 8303-1993に規定されているものは以下の通り
[[カテゴリ:MIL]]
[[カテゴリ:接合]]
 
{{tech-stub}}
12

回編集