「ピピン2世」の版間の差分

編集の要約なし
m
| サイン =
}}
'''ピピン2世'''([[ドイツ語]]:'''<span lang="de">Pippin der Mittlere</span>''', [[635年|635]]/[[640年|40年]] - [[714年]][[12月16日]])は、[[フランク王国]]の[[宮宰]](在職:[[680年]] - [[714年]])。「'''中ピピン'''」とも呼ばれる。[[ピピン1世]](大ピピン)の娘[[ベッガ]]とその夫[[アンゼギゼル]]([[メス (フランス)|メッス]]司教[[メスのアルヌルフ|アルヌルフ]]の子)の子<ref>佐藤、p. 8</ref>。
 
== 生涯 ==
{{DEFAULTSORT:ひひん2}}
[[Category:宮宰]]
[[Category:ピピンアルヌルフ家]]
[[Category:生年不明]]
[[Category:714年没]]
{{history-stub}}
匿名利用者