「サンムラマート」の版間の差分

出典をひとつ追加
(ページ「Shammuramat」の翻訳により作成)
 
(出典をひとつ追加)
{{Infobox royalty||name=サンムラマート|title=[[アッシリア]]の|image=|caption=|reign=811 BC – 808 BCまたは809 BC - 792 BC|spouse=シャムシ・アダド5世|successor=[[アダド・ニラリ3世]]|issue=アダド・ニラリ3世|succession=[[新アッシリア帝国]]の摂政|predecessor=[[シャムシ・アダド5世]]}} '''サンムラマート'''(SammurāmatまたはSammuramāt)は、紀元前811〜808年の[[アッシリア]]の[[摂政]]である<ref name="britannica">{{Cite encyclopedia|title=Sammu-ramat (queen of Assyria)}}</ref>。ギリシャ神話におけるバビロンの女王セミラミスのモデルとなった人物とされている<ref>{{Cite journal|author=橋川裕之および村田光司|year=2013|title=プロコピオス『秘史』──翻訳と註(1)|journal=早稲田大学高等研究所紀要|volume=|issue=5|pages=81-108}}</ref>。
 
== 名前の語源 ==
 
== 生涯 ==
サンムラマートは[[シャムシ・アダド5世]]の妻であり、シャムシ・アダド5世が紀元前811年に亡くなった後、息子[[アダド・ニラリ3世]]が成人するまでの5年間、新アッシリア帝国の摂政として、国を統治した<ref name="britannica">{{Cite encyclopedia|title=Sammu-ramat (queen of Assyria)|url=http://www.britannica.com/EBchecked/topic/520556/Sammu-ramat|accessdate=2013-01-04}}</ref>。サンムラマートは政治的に不安定な時期に摂政の職に就いており、(通常、女性が支配者になることはは考えられなかったにもかかわらず)アッシリア人がサンムラマートによる統治を受け入れた一つの理由としてありうるのが、この政治的不安定性である。アシュールの街には、サンムラマートのために建てられたオベリスクがあり、そこには以下のように刻まれている。 <blockquote> ''宇宙の王でありアッシリアの王であるシャムシ・アダドの王妃であり、宇宙の王でありアッシリアの王であるアダド・ニラリの母であり、世界の四つの地域の王であるシャルマネセルの義理の娘である、サンムラマートの石碑'' <ref name="AE2014">{{Cite web|url=http://www.ancient.eu/article/743/|title=Sammu-Ramat and Semiramis: The Inspiration and the Myth|website=Ancient History Encyclopedia|accessdate=2016-04-13}}</ref> </blockquote> サンムラマートの息子が[[アダド・ニラリ3世]]であり、孫が[[シャルマネセル4世]]である<ref>Georges Roux: ''Ancient Iraq'', Penguin Books, [[ロンドン|London]] 1992, {{ISBN2|0-14-012523-X}}, page 302.</ref>
 
<blockquote>
''宇宙の王でありアッシリアの王であるシャムシ・アダドの王妃であり、宇宙の王でありアッシリアの王であるアダド・ニラリの母であり、世界の四つの地域の王であるシャルマネセルの義理の娘である、サンムラマートの石碑'' <ref name="AE2014">{{Cite web|url=http://www.ancient.eu/article/743/|title=Sammu-Ramat and Semiramis: The Inspiration and the Myth|website=Ancient History Encyclopedia|accessdate=2016-04-13}}</ref>
</blockquote>
 
サンムラマートの息子が[[アダド・ニラリ3世]]であり、孫が[[シャルマネセル4世]]である<ref>Georges Roux: ''Ancient Iraq'', Penguin Books, [[ロンドン|London]] 1992, {{ISBN2|0-14-012523-X}}, page 302.</ref>。
 
== セミラミス ==
1,120

回編集