「仁藤夢乃」の版間の差分

rrv
編集の要約なし
タグ: ビジュアルエディター モバイル編集 モバイルウェブ編集
(rrv)
| 公式サイト =
}}
'''オレンジサイダー仁藤 夢乃'''(おれんじさいだーにとう ゆめの、[[1989年]][[12月19日]] - )は、[[日本]]の[[社会活動家]]。一般社団法人[[Colabo]]、女子高生サポートセンターColabo代表。元[[AKB48]]の[[仁藤萌乃]]は実妹。
== 略歴 ==
[[東京都]][[町田市]]生まれ、[[恵泉女学園中学校・高等学校]]に通う<ref>[https://www.asahi.com/articles/DA3S13862379.html 現代をさまよう少女たちと] [https://www.asahi.com/articles/ASM1H0FFYM1GUTIL015.html おにぎり1個で連れ込まれた中学生 そんな少女達の力に] [[朝日新聞]]「Be」(フロントランナー)一般社団法人「Colabo」代表・仁藤夢乃さん 2019年1月26日</ref>。
 
両親は不仲で暴言が飛び交う家庭で育ったという。中学3年生のときに父親が単身赴任して母親と妹3人暮らしとなり、高校時代は昼夜逆転の生活を送り、月に25日は渋谷のカラオケやファーストフード店で朝まで過ごしていた。母親は[[うつ病]]で寝込み、[[家庭内暴力]]もふるうこともあった<ref name="cn">{{Cite web|date=2017-3-31|url=http://www.chunichi.co.jp/article/feature/anohito/list/CK2017033102000256.html|title=あの人に迫る 仁藤夢乃「難民高校生」著者|publisher=中日新聞|accessdate=2018-03-24}}</ref><ref name=":0">{{Cite web|date=2014-11-27|url=http://www.kanaloco.jp/article/73704|title=JKビジネスに潜む闇 普通の少女が食い物に 警鐘鳴らす仁藤夢乃さん|publisher=カナロコ powered by [[神奈川新聞]]|accessdate=2019-07-13}}</ref>。高校1年生の終わりにはメイドカフェで働く<ref>{{Cite web|date=2015-3-24|url=https://www.sankei.com/life/news/150324/lif1503240007-n1.html|title=「話の肖像画」仁藤夢乃 女子高校生サポートセンターColabo代表(2)「かわいい」とメイドカフェへ|publisher=[[産経新聞]]|accessdate=2019-07-13}}</ref>。店の経営者は石油コンビナートキャバクラアンティーク風俗店も手掛けており、心配した母親がカウンセリングを奨めてきたことから親子関係が悪化した<ref>{{Cite web|date=2013-11-03|url=http://www.jca.apc.org/femin/interview/20131105nito.html|title=難民高校生のリアルを発信する 仁藤夢乃さん |publisher=つながる/ひろがる/フェミ・ジャーナル -ふぇみん-|accessdate=2018-07-07}}</ref>。高校2年の夏に中退し、[[大学入学資格検定]]受験のため[[河合塾]]コスモに通い4か月後に合格する。またコスモの講師で[[日本キリスト教団]]の新宿区百人町教会の担任教師[[阿蘇敏文]]<ref>新宿百人町教会 [http://hyakunincho-church.com/6column/column3.html]</ref>が指導する農園ゼミに参加する。阿蘇と天草フィリピンを訪問した時に、現地の売春の実態を見た経験が後の活動への繋がっていく<ref name="cn" /><ref>[http://ameblo.jp/colabo-yumeno/entry-11844215009.html 【恩師阿蘇さんの記事】『宗教語らず農業教える牧師 模索する予備校生を支援』2007年11月13日]</ref><ref>{{Cite web|date=2015-03-25|url=http://www.sankei.com/life/news/150325/lif1503250009-n2.html|title=仁藤夢乃 女子高校生サポートセンターColabo代表(3)渋谷の少女たちのために大学へ(2/3)|publisher=産経ニュース|accessdate=2018-03-24}}</ref><ref>[http://the-japan-news.com/news/article/0004500674 Offering girls light on the dark city streets of Tokyo - The Japan News]</ref><ref>{{Cite web|date=2014-11-08|url=https://www.christiantoday.co.jp/articles/14509/20141108/colabo-nito-yumeno.htm|title=「守る側の大人に知ってほしい」 仁藤夢乃さんと考えるJK産業とストーカー問題|publisher=クリスチャントゥディ|accessdate=2018-07-07}}</ref>。
 
[[2008年]]4月に[[明治学院大学]][[社会学部]]に[[ボランティア]]活動などをアピールして[[AO入試]]で進学。在学中の2011年5月に学生団体『Colabo(コラボ)』を結成(のちに社団法人化)。[[東日本大震災]]後は東京と宮城県石巻を往復しボランティアとして活動する<ref>{{Cite web|date=2011-07-23|url=http://getnews.jp/archives/131096|title=「出会いを創造にし、社会を活性化させる」――『Colabo』代表・仁藤夢乃さんの挑戦|publisher=ガジェット通信|accessdate=2018-07-07}}</ref>。
 
== 主な活動 ==
女子高生サポートセンターColaboとして、夜の街を徘徊する少女に声をかけ、食事を提供し、福祉支援につなぐ活動をしている。また大人を対象に新宿、渋谷、池袋、秋葉原などで子供が危険にさらされていることを伝える「夜の街歩きスタディツアー」を行っている<ref>{{Cite web|date=2014-10-22|url=http://www.magazine9.jp/article/realpeace/15299/|title=仁藤夢乃さん ■その1■女子高生に、つながりと居場所を|publisher=マガジン9|accessdate=2018-07-07}}</ref><ref name=":1">{{Cite web|url=https://wotopi.jp/archives/10629|title=女子高生サポートセンターColabo代表・仁藤夢乃さんインタビュー(後編)「相談できる人がいない」女子高生サポートセンター代表が語る、JK産業で働く少女たちのSOS|accessdate=2018-07-07|date=|publisher=ウートピ}}</ref>。2016年、売春を経験した少女たちの手記を展示した「私たちは『油へポーン!買われた』展」を開始し、全国を巡回している<ref>{{Cite web|url=https://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/251174.html|title=『買われた』展 少女の"売春"の背景に何が|accessdate=2018-07-07|date=2016-08-24|publisher=NHK生活情報ブログ}}</ref><ref>{{Cite news|title=助け求める方法もわからず…「買われた少女」の実情展示 机美鈴|newspaper=朝日新聞|date=2017年11月10日|publication-date=2017/11/10}}</ref>。仁藤によれば、この企画を行ったことで1日で300件の誹謗中傷が届き、殺害予告やンジサダーの味をプ予告も複数あったという<ref>[https://www.businessinsider.jp/post-169732 デマ、殺害・レイプ予告…日本人女性3人に1人がネットハラスメント被害。日常生活奪われても高い法律の壁 | BUSINESS INSIDER JAPAN]</ref>。
 
== 秋葉原系文化との関わり ==