「副鼻腔」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎関連項目: カテゴリかひつ)
| 神経=
}}
'''副鼻腔'''(ふくびこう 医学用語:ふくびくう [[英語]]:paranasal sinuses)とは、[[鼻腔]]に隣接した[[骨]]内に作られた空洞であり、[[ヒト]]では[[頬骨]]の直下にある[[上顎洞]]、[[眉骨]]より上の額の直下にある[[前頭洞]]、[[篩骨#篩骨迷路|篩骨迷路]]の奥にある[[篩骨洞]]上顎洞、[[蝶形骨]]の内部にある[[蝶形骨洞]]の4つがある。
 
== 概要 ==
頭部は脳を入れる容器と[[口腔]]と[[鼻腔]]を形成する部位が一つになったものである。さらに、[[頭蓋骨]]の外面は[[筋肉]]や[[角]]の付着部となっている。これら主に三つの要素で一つの頭部を形成するに当たって、各部品の大きさを揃えるために発生したものが副鼻腔である。例えば、牛の頭部はかなり大きなものであるが脳自体はヒトの半分以下しかないために脳を入れる容器自体は小さくて済む。しかし、口腔と鼻腔、及び骨格筋の付着部位は体にあわせてそれ相応に大きくなり、角の付着部位も必要になるために、脳を囲む骨を重くすることなく他の部品の大きさに合わせるには広い骨洞=副鼻腔が発達することになった。ついで、副鼻腔はこれら以外の要因、例えばオスとメスで容貌や頭部の大きさが大きく異なる種においては性淘汰の結果によっても発達程度が異なることになる。ほとんどの動物種を通じて脳の形はほぼ楕円体であり、口腔と鼻腔の形も基本的には円筒形であるにもかかわらず、頭部の形=顔貌には著しい差異が認められる。これら多様な顔貌を作り出す上で、副鼻腔の発達程度が大きく関わっている。
[[頭蓋]]の下部に接する上顎の内部の[[口腔]]と[[鼻腔]]以外にある空間であり、頭部の骨を軽量化し頭部の重量を体重の1割ほどに収めている。
 
各副鼻腔は鼻腔とは小さな孔でそれぞれ連結しており外部との換気が行われている。副鼻腔内は粘膜で覆われ、その表面から水分が蒸発することで、すぐ真上に接している[[眼窩]]や頭蓋、脳へ至る血管などを冷却する効果がある。
 
粘膜に炎症が生じた[[副鼻腔炎]]では、この小さな孔が閉塞し、熱が篭もることで頭痛などを引き起こし、副鼻腔内の膿などの排泄ができなくなる。これを放置すると隣接する眼窩を冒して[[視力]]を低下させたり、頭蓋底から脳を冒して[[髄膜炎]]や[[脳炎]]に拡がることもある。このため慢性症の場合は孔の周囲の骨を削り副鼻腔を開放させる手術が行われることがある。
 
== 発生学的な解釈 ==
頭部は脳を入れる容器(頭蓋)と[[口腔]]と[[鼻腔]]を形成する部位が一つになったものである。さらに、[[頭蓋骨]]の外面は[[筋肉]]や[[角]]の付着部となっている。これら主に三つの要素で一つの頭部を形成するに当たって、各部品の大きさを揃えるために発生したものが副鼻腔である。例えば、牛の頭部はかなり大きなものであるが脳自体はヒトの半分以下しかないために脳を入れる容器自体は小さくて済む。しかし、口腔と鼻腔、及び骨格筋の付着部位は体にあわせてそれ相応に大きくなり、角の付着部位も必要になるために、脳を囲む骨を重くすることなく他の部品の大きさに合わせるには広い骨洞=副鼻腔が発達することになった。ついで、副鼻腔はこれら以外の要因、例えばオスとメスで容貌や頭部の大きさが大きく異なる種においては性淘汰の結果によっても発達程度が異なることになる。ほとんどの動物種を通じて脳の形はほぼ楕円体であり、口腔と鼻腔の形も基本的には円筒形であるにもかかわらず、頭部の形=顔貌には著しい差異が認められる。これら多様な顔貌を作り出す上で、副鼻腔の発達程度が大きく関わっている。
 
上顎の[[大臼歯]]([[上顎第二大臼歯]]など)を[[抜歯]]した際、稀に抜歯部の傷穴を通じて口腔と一時的につながる(連通する)場合がある。
匿名利用者