「大澤昇平」の版間の差分

インサイダー情報を削除・業績の記述を正確なものに修正
(露骨な宣伝をコメントアウト)
タグ: コメントアウト
(インサイダー情報を削除・業績の記述を正確なものに修正)
|脚注=
}}
'''大澤 昇平'''(おおさわ しょうへい、[[1987年]][[12月26日]] -)は、[[日本]]の[[工学者]]。[[東京大学大学院情報学環・学際情報学府|東京大学大学院情報学環]]の[[特任准教授]]<ref>{{Cite web|title=大澤 昇平|url=https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/people/k0001_01792.html|website=東京大学|accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>。[[未踏ソフトウェア創造事業]]スーパークリエーター<ref>{{Cite web|title=未踏iPedia:歴代のスーパークリエータ:2006年度上期未踏ユース スーパークリエータ:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構|url=https://www.ipa.go.jp/jinzai/esp/mitoipedia/spc/year/2006y_1sc.html|website=www.ipa.go.jp|accessdate=2019-09-08}}</ref>。現在、株式会社Daisy代表取締役CEOを兼任<ref name=":9">{{Cite web|title=Daisy|url=https://daisy.id/|website=Daisy|accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>。専門分野は、[[人工知能]]、[[ディープラーニング|深層学習]]、[[強化学習]]、[[分散データベース]]、[[ブロックチェーン]]。[[福島県]][[いわき市]]出身。現在、東京大学大学院情報学環 学環長の[[田中秀幸(経済学者)|田中秀幸]]教授<ref>{{Cite web|title=東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 – 田中 秀幸|url=http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/faculty/tanaka_hideyuki|website=www.iii.u-tokyo.ac.jp|accessdate=2019-09-12}}</ref>のもとで勤務
 
== 略歴 ==
 
*2015年4月 [[IBM基礎研究所|IBM Research]]研究員(東大山西CREST「複雑データからのディープナレッジ発見と価値化」<ref>{{Cite web|title=【山西 健司】複雑データからのディープナレッジ発見と価値化 {{!}} CREST|url=https://www.jst.go.jp/kisoken/crest/project/45/45_04.html|website=www.jst.go.jp|accessdate=2019-09-15}}</ref>[[恐神貴行]]G)
*2017年8月 東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻 松尾豊研究室 [[特任助教]]<ref name=":12" /> (短時間勤務有期雇用教職員|雇用者:松尾豊教授)
*2018年3月 株式会社Daisy代表取締役CEO<ref>{{Cite web|title=Daisy|url=https://daisy.id/|website=Daisy|accessdate=2019-09-15|language=ja}}</ref>。同社は、[[リミックスポイント|株式会社リミックスポイント]]から出資を受ける。
*2019年4月 東京大学大学院情報学環 情報経済AIソリューション寄付講座 特任准教授<ref>{{Cite web|title=東京大学 情報経済AIソリューション寄付講座|url=http://aes.iii.u-tokyo.ac.jp/|website=東京大学 情報経済AIソリューション寄付講座|accessdate=2019-09-15}}</ref>(短時間勤務有期雇用教職員|雇用者:田中秀幸教授)
 
== 研究 ==
2007年より[[World Wide Web|ウェブ]]上で動作する自律分散データベースの研究を開始する。[[ニューラルネットワーク]]を模した[[検索エンジン]]「netPlant」<ref name=":1">{{Cite web|title=「Googleよりユーザー視点」な検索ができる新発想検索エンジン、正式公開|url=https://japan.cnet.com/article/20342408/|website=CNET Japan|date=2007-02-06|accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>は[[経済産業省|経産省]]の[[情報処理推進機構|未踏ソフトウェア創造事業]]に採択され、当時の最年少である18歳でスーパークリエーターの認定を受ける<ref name=":2">{{Cite web|title=IPA、未踏ソフト事業で「スーパークリエータ」15名認定|url=https://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/05/15/15705.html|website=internet.watch.impress.co.jp|accessdate=2019-09-08}}</ref>。その後、[[分散データベース]]に関して容量効率のよい[[スキーマ (データベース)|スキーマ]]を提案したRDF Packages<ref>{{Cite journal|last=Ohsawa|first=Shohei|last2=Amagasa|first2=Toshiyuki|last3=Kitagawa|first3=Hiroyuki|date=2010|title=RDF Packages: A Scheme for Efficient Reasoning and Querying over Large-scale RDF Data|url=https://doi.org/10.1145/1967486.1967540|journal=Proceedings of the 12th International Conference on Information Integration and Web-based Applications &#38; Services|pages=341–348|publisher=ACM|location=New York, NY, USA|doi=10.1145/1967486.1967540|isbn=9781450304214}}</ref>は、国際学会iiWAS'10でBest Paper Award<ref name=":0" />を受賞した。2015年には『ウェブの情報統合による人物属性の推定の方法論に関する研究』<ref>{{Cite journal|last=昇平|first=大澤|date=2015-03-24|title=ウェブの情報統合に基づく人物属性の推定の方法論に関する研究|url=https://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/index.php?active_action=repository_view_main_item_detail&page_id=28&block_id=31&item_id=8303&item_no=1|language=ja}}</ref>という題目の博士課程論文を書き、[[博士号]]を取得した。
 
博士号取得後は、[[IBM基礎研究所|IBM Research]]に入社し[[ブロックチェーン]]である[[Hyperledger]] Fabricの研究開発に携わり、東京証券取引所と実証実験を実施し<ref name=":3">{{Cite web|title=日本取引所とブロックチェーン技術の実証実験で合意|url=https://www-03.ibm.com/press/jp/ja/pressrelease/49070.wss|website=www-03.ibm.com|date=2016-02-16|accessdate=2019-09-08|language=ja-JP}}</ref><ref name=":4">{{Cite web|title=ブロックチェーン技術に関する実証実験の開始について|url=https://www.jpx.co.jp/corporate/news/news-releases/0010/20160407-01.html|website=日本取引所グループ|accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref><ref name=":5">{{Cite web|title=ブロックチェーン/分散型台帳技術に関する 業界連携型の技術検証の実施について|url=https://www.jpx.co.jp/corporate/news/news-releases/0010/20161130-01.html|website=日本取引所グループ|accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>、IBMより社長賞を授与されている。東京大学特任助教に着任後は情報統合を行うブロックチェーンアプリケーションとして「Daisy Platform」を構想、株式会社Daisyを設立した<ref name=":9" />。Daisy社は、Daisyプラットフォームを2019年初頭にリリースすると発表したものの<ref>{{Cite web|title=ブロックチェーンを基盤としたAIプラットフォーム「Daisy」を2019年初頭にリリース予定|url=https://medium.com/daisy-ja/ai-platform-based-on-blockchain-daisy-to-be-released-in-early-2019-83051965838f|website=Medium|date=2018-11-14|accessdate=2019-09-15|language=en|last=Daisy}}</ref>、リリースされていない。ブロックチェーンに関してはWBSに取材を受けた<ref name=":6">{{Cite web|title=独自の仮想通貨を発行し資金調達「ICO」の舞台裏とは【ワールドビジネスサテライト】|テレビ東京ビジネスオンデマンド|url=https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/wbs/newsl/post_146659/|website=テレビ東京ビジネスオンデマンド|accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>。現在は[[東京大学大学院情報学環教育部|東京大学情報学環]]にマネックスグループ株式会社、株式会社オークファン、株式会社大広より寄付を受け設置された「情報経済AIソリューション寄付講座」<ref>{{Cite web|title=東京大学 情報経済AIソリューション寄付講座|url=http://aes.iii.u-tokyo.ac.jp/|website=東京大学 情報経済AIソリューション寄付講座|accessdate=2019-09-15}}</ref>(担当教員:田中秀幸教授、大澤昇平特任准教授)の担当教員として、研究を継続している。同氏の人工知能の講義ではゲームを併用することが、[[日本経済新聞|日経新聞]]に取り上げられた<ref name=":7">{{Cite web|title=AI同士対戦 東大が競技会 仮想通貨向け人材育成|url=https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48141670S9A800C1L83000/|website=日本経済新聞 電子版|accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref><ref name=":8">{{Cite web|title=AI同士対戦 東大が競技会 仮想通貨向け人材育成|url=https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48141670S9A800C1L83000/|website=日本経済新聞 電子版|accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>。
 
=== 論文 ===
これまでに、第一著者として、ジャーナル論文本、国際会議(本会議)3)5本、国際特許6の論文の業績がある<ref>{{Cite web|title=dblp: Shohei Ohsawa - Google Scholar Citations|url=https://dblpscholar.org/persgoogle.co.jp/hd/o/Ohsawa:Shoheicitations?hl=ja&user=TrFlIx4AAAAJ|website=dblpscholar.orggoogle.co.jp|accessdate=2019-0910-16|language=en02}}</ref>。
 
*'''Multi-task Peer Prediction''' (2018) - 情報伝搬のオラクル問題を部分的に解決している<ref>{{Cite journal|last=Shnayder|first=Victor|last2=Agarwal|first2=Arpit|last3=Frongillo|first3=Rafael|last4=Parkes|first4=David C.|date=2016|title=Informed Truthfulness in Multi-Task Peer Prediction|url=https://doi.org/10.1145/2940716.2940790|journal=Proceedings of the 2016 ACM Conference on Economics and Computation|pages=179–196|publisher=ACM|location=New York, NY, USA|doi=10.1145/2940716.2940790|isbn=9781450339360}}</ref>。iiWAS'18 Best Paper Award受賞。
253

回編集