「渡瀬憲明」の版間の差分

 
== エピソード ==
* 1996年の総選挙で小選挙区で落選。比例区でも24位と次点に終わった。その2年後、国政復帰を果たせぬまま渡瀬は死去した。[[1999]]に比例区で当選した[[東家嘉幸]]が議員辞職。この時点で渡瀬が生きていれば[[繰り上げ当選]]になっていた(渡瀬より下位の[[林田彪]]が繰り上げ当選)。
* [[2000年]]に[[内閣総理大臣]]在職中の[[森喜朗]]が、当時まだ存命中だった坂田道太のことを取り上げ、「亡くなられた坂田さん……」と発言。のちに撤回したが、その際、坂田と渡瀬を混同して取り間違えた、と弁明した。
 
{{Japan-politician-stub}}